27ホールあるゴルフ場は?

サイアム カントリー クラブ プランテーション(パタヤ/シラチャ)

サイアム カントリー クラブ プランテーション(パタヤ/シラチャ)


サイアムCCオールドコースの姉妹コース。2008年の開場で翌年の2月には「ホンダ LPGA タイランド 2009」を開催させています。パタヤは東部最大の観光ビーチで、同コースは美しい海の景色を見晴らすことのできるゴルフ場でもある。バンコク市内から一時間30分、パタヤ中心部から15分、スワンナプーム国際空港から75分で到着します。自然の地形を存分に活かした27ホールの同ゴルフ場は、ラフも適度に厳しく、グリーンの難易度も高く、メンテナンスも素晴らしい。ただし 常時 風が強く、番手選びにも苦労させられるのと、多くの難敵バンカーにも翻弄されるコースでしょうね。パタヤに来たら一度はラウンドしたいゴルフ場の一つとなりました。


レムチャバン インターナショナル カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

レムチャバン インターナショナル カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)



シラチャ・パタヤのエリアで一番の名門コース、タイのベスト5に入れるゴルファーも多い。殆んど全てのホールのグリーン手前に池があり、かなり確実なフェアウェイ・ショットを打たないと池に入ってしまう。適度に左右OBもあり、なかなか難易度の高いコースです。


レイクウッド カントリー クラブ(サムットプラカーン)

レイクウッド カントリー クラブ(サムットプラカーン)


1993年の開場時、日系商社も絡んだこともあって、日系企業や日本人メンバーも多いコースです。ある意味日本のゴルフ場にいるような錯覚さえも… オーナーが元政治家で実業家でもあるタイ人になってから、タイ人の富裕層ゴルフファーも多くなりました。


パンヤ インドラ ゴルフ クラブ(バンコク)

パンヤ インドラ ゴルフ クラブ(バンコク)

1991年のオープンで、バンコク市内から40分ほどにあり、近くてコースのコンディションも比較的良いこともあり、なかなか日本人にも人気のあるゴルフ場です。湖による障害、ドックレックも多く、アンジュレーションも適度にあり戦略的なコース。


パインハースト ゴルフ&カントリー クラブ(パトゥムタニ)

パインハースト ゴルフ&カントリー クラブ(パトゥムタニ)

ドンムアン旧国際空港から北に10キロほど、空港通りの1号線脇にありアクセスは抜群に良い。1990年に27ホールのゴルフ場として開場。1992年にジョニーウォーカークラシックが開催されるなど 昔の名門コース。200室の宿泊施設も完備され、ゴルフ合宿にも最適。


タンヤ ゴルフ クラブ(パトゥムタニ)

タンヤ ゴルフ クラブ(パトゥムタニ)

旧ドンムアン国際空港から12キロとバンコクに近く、料金も比較的安くプレーできるので、タイ人に人気のあるゴルフ場。 起状も少なく比較的易しい癒しのAコース。自然の景観が美しいBコース。戦略性が要求され上級者に人気のあるCコースとなっています。


バンサイ カントリークラブ(アユタヤ)

バンサイ カントリークラブ(アユタヤ)

バンコク市内より一時間20分ほど北にあり、チャオプラヤ川を渡ったアユタヤ県にあります。開場は1996年ですが、今年4月に9ホール増設されて、27ホールのゴルフ場となりました。料金が低額の為か、タイ人ゴルファーに人気があるコース。


カオ キオ カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

カオ キオ カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

バンプラGCの管理で二人の日本人がいることと、ピート・ダイの設計でも有名なコース。フェアウェイには独特なアンジュレーションと池を巧みに利用したホール、グリーン手前に待ち受けるバンカーなどが配置され、タフなコース設定になっている。


フェニックス ゴルフ&カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

フェニックス ゴルフ&カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

リゾート気分も味わえ海を望むホールもあり、欧米人に人気のあるゴルフ場ですネ。全体的にコース・芝の状態・クラブハウス・清潔度…等々とバランスの良いコース。遠くに大きな仏像を眺めながらショットするホールなど、丘稜地の眺望の素晴らしさは圧巻です。


クリスタル ベイ ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

クリスタル ベイ ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

パンヤ・グループとして最初のコースで旧名ナチュラル・パークリゾートGC。タイの竹中工務店の設計によるのか、日本人好みのゴルフ場かも。ゆるやかな丘稜地に造られており、全体的にフェアウェイが広いので、女性や初級者に向いていると言われています。


グリーンウッド ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

グリーンウッド ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

以前のノーブル・プレース ゴルフリゾートCC。リニューアルされると同時に9ホールが加わり27ホールになったゴルフ場です。フェアウェーに適度なアップダウンがあり、樹木も多く小高い丘を活用したフェアウェイなどは、どこか日本のゴルフ場のよう。


パタナー ゴルフ&スポーツ リゾート(パタヤ/シラチャ)

パタナー ゴルフ&スポーツ リゾート(パタヤ/シラチャ)

2004年開場とチラチャー・パタヤ地区では比較的新しいゴルフ場。アウトの5番ホールはパー6(白ー590ヤード)の名物ホールで、アウト37という珍しいコースでもあります。ホテル・ヴィラ・スパも揃い、泊ってゴルフに最適!


エカチャイ ゴルフ&カントリー クラブ(サムットサーコン)

エカチャイ ゴルフ&カントリー クラブ(サムットサーコン)

1982年と比較的古く、すべてのホールが池に絡む戦略的なコースですが、料金がリーズナブルな為もあり、タイ人のゴルファーに人気があります。カートが無いという、これも珍しいゴルフ場。正確なショットが要求されるコースですね。


ユニランド ゴルフ&カントリー クラブ(ナコンパトム)

ユニランド ゴルフ&カントリー クラブ(ナコンパトム)

1996年にナコンパトム県の広々とした田園地帯に開発された新しいゴルフ場。レイクを中心とした池絡みのコースで、ドライビングレンジまでが池に向かって練習できるようになっています。2008年にモダンにデザインされたホテルも完備されました。


ニチゴ リゾート&カントリー クラブ(カンチャナブリ)

ニチゴ リゾート&カントリー クラブ(カンチャナブリ)

1992年に日本人の設計家、小林光明氏によって造られたゴルフ場。マウンテン、リバー、レイクと名付けられ、それぞれ景観が素晴らしくここの日本人ファンは多い。近くに桑井川神社があり、第二次世界大戦でこの地までやってきた日本兵が祭られています。


スプリングフィールド ロイヤル カントリークラブ(ペチャブリ) 

スプリングフィールド ロイヤル カントリークラブ(ペチャブリ) 

タイの伝統様式とモダンな建築様式の5つ星クラスのホテルが併設されており、また 自然保護協力プログラムに加盟している為、100種以上の美しい野生動物を見かけられ、ファミリー全員で楽しめる、自然と調和した理想のゴルフ場。


マジェスティック クリーク カントリー クラブ(ホアヒン)

マジェスティック クリーク カントリー クラブ(ホアヒン)

全体的にフラットな広大な敷地に、自然をそのままに活かして造られ その起状に特色があるコースで、ホアヒンの街から20分程で到着。フィットネスジム・プール・テニスコートと、レジャー施設も完備され、多種なスポーツも楽しめ家族向けのゴルフ場です。


サワン リゾート&ゴルフ クラブ(ペチャブリ)

サワン リゾート&ゴルフ クラブ(ペチャブリ)

1993年に日本人設計家の勝俣功氏のよって18ホールがオープンされ、今年になって9ホールが加えられました。 プロ ゴルフテストに使われ、またペチャブリの中でも一番バンコク市よりにあることもあってか、比較的タイ人のゴルファーが多いコース。


ランナ ゴルフ コース(チェンマイ)

ランナ ゴルフ コース(チェンマイ)

1974年に開場で、チェンマイのエリアで最も歴史のあるゴルフ場。陸軍のコースで増設された9ホールは競馬場を利用している為、ラウンド中に競馬場を通り抜けるホールもあり、タイならではゴルフ場。乗馬・射撃・テニスコート・プールなど完備され、ゴルフ以外でも楽しめます。


サー ジェイムス カントリー クラブ(サラブリ/ロブリ)

サー ジェイムス カントリー クラブ(サラブリ/ロブリ)

旧名フォレスト ヒルズCCは、カオヤイ国立公園エリアに隣接したゴルフ場だけあって、豊富な花と草木によって季節感を味わえる。新たに9ホールが増設され、27ホールとなったのは2007年のこと。多少のアップダウンはあるが、初心者向きにフェアウェイは広めなホールが多い。


ゲーン カチャン カントリー クラブ&リゾート(ペチャブリ)

ゲーン カチャン カントリー クラブ&リゾート(ペチャブリ)

ホアヒンの街から車で約1時間の所に位置し、ゲーン カチャン国立公園に隣接した27ホールの大自然に囲まれた緑豊かなゴルフ場です。1993年に18ホールのゴルフ場として開場し、2007年にはジャック・二クラウス設計の9ホールが加えられ、戦略性が高いダイナミックな27ホールのゴルフコースに生まれ変わりました。景観だけでも初心者は満足するでしょう。


プーケット カントリー クラブ(プーケット/バンガー)

プーケット カントリー クラブ(プーケット/バンガー)

1989年にプーケット島で初めて造られた最初のゴルフ場です。数々のトーナメントも行なわれて来ており、2001年アジアン ゴルフ マガジンで「ベスト コース イン タイランド」に選ばれるなど、コースメンテナンスにも定評がある名門コースです。池を多く配置したホールとアップダウンで攻略を難しくさせ、玄人好みのゴルフ場でしょう。現在は9ホールの新コースが加わって27ホールとなっています。


マウンテン クリーク ゴルフ リゾート&レジデンス(ナコンラチャシマー)

マウンテン クリーク ゴルフ リゾート&レジデンス(ナコンラチャシマー)

バンコクから北東へ約250キロ前後のナコンラチャシーマーのシーキウ郡に、年内にはオープン予定。ハイランド コース(南)クリーク コース(北) バレー コース(東)と27ホールを用意し、5つ星のホテル、レクリエーション施設やスパなども充実させる予定だそうです。




注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ