日本人が設計(監修)したゴルフ場は?

ブルー キャニオン カントリー クラブ <加藤嘉一氏>(プーケット)

ブルー キャニオン カントリー クラブ <加藤嘉一氏>(プーケット)


世界のゴルフ関係者から高い評価を受けており、"アジアで最も難しく美しいゴルフコース"と言われ、アジアのベストゴルフ場にも度々選ばれています。1991年にキャニオン コース、1999年にレイク コースが開場され36ホールとなり、タイでも指折りの名門コースです。世界のトッププロたちが腕を競い合い、また古くからアジアンツアーなどにも使われ、数々のトーナメントが、チャンピオンコースとしてこの地で開催されています。極めつけは、1998年に2回目のジョニー・ウォーカー・クラシックが開催された時、プロ入り二年目であったタイガー・ウッズがプレーオフの末、アーニー・エルスに大逆転勝利し、最高のパフォーマンスを演じて 大きな話題となり、一躍 ブルーキャニオンの名を轟かせました。


トレジャー ヒル ゴルフ&カントリー クラブ <加藤嘉一氏>(チョンブリ)

トレジャー ヒル ゴルフ&カントリー クラブ <加藤嘉一氏>(チョンブリ)



丘陵地に造られた為か、起伏があるフェアウェーの面白さと、やっかいなグリーン、深い緑などでコースを楽しめます。日本人の設計も手伝って日本人ゴルファーに人気があるも、グリーン フィーが安めに抑えられていることもあって、タイ人ゴルファーも多い。


カビンブリ スポーツ クラブ <加藤嘉一氏>(プラチンブリ)

カビンブリ スポーツ クラブ <加藤嘉一氏>(プラチンブリ)


バンコクから北東へ二時間ほどにあり 2007年開場で比較的新しいゴルフ場。広大な敷地に造られたフラットなコースで易しそうに見えますが、殆んどのホールに池かクリークが絡み、微妙なアンジュレーションがゴルファーを悩ませるでしょう。


ザ ロイヤル ゴルフ&カントリー クラブ (サムットプラカーン)

ザ ロイヤル ゴルフ&カントリー クラブ <宮澤長平氏>(サムットプラカーン)

スワンナプーム国際空港先の高速出口から2km弱にありますので、バンコク市内から朝なら40分とかからない所にあるゴルフ場。日本に帰るフライトが午後以降であれば「帰国前にワンラウンド」なんて、するのに"持ってこい"のコースでしょう。


クルンカビー ゴルフ コース&カントリー クラブ エステート <坂本学氏>(パトゥムタニ)

クルンカビー ゴルフ コース&カントリー クラブ エステート <坂本学氏>(パトゥムタニ)


ドンムアン旧国際空港から305号線に沿って12キロにあり、バンコク市内から50分ほどで行けるコース。今までにない排水システムを構築し、アジア特有のスコールや、雨季でも長時間プレーを可能にしたシステムを導入したとか… 3番4番とロングホールが続き、18ホールのショートホールは池に囲まれ浮島的に造られているのが名物コースか。


パインハースト ゴルフ&カントリー クラブ <相原吉原氏>(パトゥムタニ)

パインハースト ゴルフ&カントリー クラブ <相原吉原氏>(パトゥムタニ)

ドンムアン旧国際空港から北に10キロほど、空港通りの1号線脇にありアクセスは抜群に良い。1990年に27ホールのゴルフ場として開場。1992年にジョニーウォーカークラシックが開催されるなど 昔の名門コース。200室の宿泊施設も完備され、ゴルフ合宿にも最適。


ロイヤル レイクサイド ゴルフ クラブ <タイ住友商事>(チャチェンサオ)

ロイヤル レイクサイド ゴルフ クラブ <タイ住友商事>(チャチェンサオ)

マリーナ施設を持った珍しいゴルフ場。1993年の開場でコースは全体的にフラットで打ちやすいホールが続く。住友建設の設計で日本人スタッフも常駐し、日本食のメニューも豊富で日本人ゴルファーも多い。2010年はリニューアル中で9ホールのみ。


クリスタル ベイ ゴルフ クラブ <タイ竹中工務店>(チョンブリ)

クリスタル ベイ ゴルフ クラブ <タイ竹中工務店>(チョンブリ)

パンヤ・グループとして最初のコースで旧名ナチュラル・パークリゾートGC。タイの竹中工務店の設計によるのか、日本人好みのゴルフ場かも。ゆるやかな丘稜地に造られており、全体的にフェアウェイが広いので、女性や初級者に向いていると言われています。


ニチゴ リゾート&カントリー クラブ <小林光昭氏>(カンチャナブリ)

ニチゴ リゾート&カントリー クラブ <小林光昭氏>(カンチャナブリ)

1992年に日本人の設計家、小林光明氏によって造られたゴルフ場。マウンテン、リバー、レイクと名付けられ、それぞれ景観が素晴らしくここの日本人ファンは多い。近くに桑井川神社があり、第二次世界大戦でこの地までやってきた日本兵が祭られています。


サワン リゾート&ゴルフ クラブ <勝俣勲氏>(ペチャブリ)

サワン リゾート&ゴルフ クラブ <勝俣勲氏>(ペチャブリ)

1993年に日本人設計家の勝俣功氏のよって18ホールがオープンされ、今年になって9ホールが加えられました。 プロ ゴルフテストに使われ、また ホアヒンの中でも一番バンコク市よりにあることもあってか、比較的タイ人のゴルファーが多いコース。




注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ