ニック・ファルドが設計したゴルフ場は?

サミット ウィンドミル カントリー クラブ(サムットプラカーン)

サミット ウィンドミル カントリー クラブ(サムットプラカーン)


バンコク中心地から「一番近いゴルフ場」、「ナイター設備のあるゴルフ場」にも入っているゴルフ場。頭にサミットと付いたのは2002年に、タイの最大手自動車部品メーカーのサミットグループの一員になってから。コースは殆どのホールがウォーター・ハザード絡み、一打目、二打目を確実にフェアウェイに落とさなければスコアが纏まりません。フェアウェイは狭くは感じませんが、 随所に大きなバンカーと高低のある人工丘が意地悪く待っており、グリーン周りの、これも大きなバンカーが寄せを難しくさせ、グリーンのアンジュレーションも見事なゴルフ場です。 全体的に管理も良く、最近 クラブハウスなどリニューアルしたばかりで、一段と高級感が増しました。


チュアン チュエン ゴルフ クラブ(パトゥムタニ)

チュアン チュエン ゴルフ クラブ(パトゥムタニ)


住宅開発地に造られたわりには、緑深い木々が多い18ホール。どのコースも左右に池を配置し、フェアウェイが狭く戦略性の高いコースです。それもそのはず、タイのシニアプロ協会が、プロテストにも使用するゴルフ場で、その中で 一番難しいゴルフ場と云われています。


ザ エメラルド ゴルフ クラブ(ラヨーン)

ザ エメラルド ゴルフ クラブ(ラヨーン)


以前 ラヨン・センチュリーCCだったゴルフ場が3年前ほどから、経営が代わりエメラルドGCに。ニック ファルドとデズモンド ミューアヘッドの共作コースで、パタヤから30分ほどに広大な敷地の丘の中腹に位置し、自然の樹木が美しいゴルフ場です。


ラヨーン カントリー クラブ(ラヨーン)

ラヨーン カントリー クラブ(ラヨーン)

2009年から名称(グレート・レーク・ゴルフ&CC)も、コース全体と宿泊ホテルもリノベーションしています。コース自体が整備されて、以前よりレベルアップしています。クラブハウスでは韓国文字が目立っていましたが、一掃されています。


チョンブリ センチュリー カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

チョンブリ センチュリー カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

331号線沿いにグリーン ウッドGCなどが集まる一帯の奥にあるゴルフ場です。ニック・ファルドの設計とは言え、クラブハウス、ロッカー、シャワーなど日本人には使えません。コースそのものに問題ありませんが、グリーンが安くタイ人の間では人気があります。




注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ