ロバート・トレント・ジョーンズJr. が設計したゴルフ場は?

ナワタニ ゴルフ コース(バンコク)

ナワタニ ゴルフ コース(バンコク)

ナワタニ(NAVATANEE)は、1973年(37年前)開場で歴史と伝統ある名門中の名門です。タイ カントリー、アルパイン ゴルフ、と合わせて、以前から日本の観光客ゴルファーがプレーしたいゴルフ場のベスト3に入ります。1975年(35年前)に国際ゴルフ協会から栄誉ある「ゴルフ・ワールドカップ」(23回大会)に指名され、この時がタイで初めて国際水準のゴルフコースとして認められたゴルフ場でもあります。また 1999年には 米国ゴルフダイジェスト誌より、タイ国内No1ゴルフコースにランクもされています。名門であり、芝・グリーンの状態も良く、全体的に完成度が高く、中心地から40分前後で行ける利便性も良く、根強い人気のあるゴルフ場です。


グリーン バレー カントリー クラブ(サムットプラカーン)

グリーン バレー カントリー クラブ(サムットプラカーン)

1
988年の開場で、ゴルフ銀座であるバンナー エリアで最初に造られたゴルフ場です。全体的にフラットなコースですが、美しいウォーターハザードと変化に富んだアンジュレーションは定評があり、上級者などに隠れた人気があるゴルフ場です。


プレジデントCC(バンコク近郊)

プレジデント カントリー クラブ(バンコク)


ノース/イーストとウエスト/サウスに分かれたコースで、ノース/イースト コースが93年、ウエスト/サウス コースが02年の開場です。設計はロバート・トレント・ジョーンズJr. 殆んどのホールが池絡みで、グリーンの廻りのバンカーで苦労するかも?


イースタン スター カントリー クラブ&リゾート(ラヨーン)

イースタン スター カントリー クラブ&リゾート(ラヨーン)

パタヤからラヨーンへ3号線を走り南東 約50kmの所にあり、バンカー、ドッグレッグ、池や湖のハザードが多く、また7,134ヤードという長い距離は、本格的なチャンピオンコースでもあります。宿泊施設もありゴルフ以外のファシリティも充実してファミリーでも楽しめます。


サンティブリCC(チェンライ)

サンティブリ チェンライ ゴルフコース(チェンライ)

チェンライ市内から15分の丘陵地に造られた、チェンマイ・チェンライでもハイクラスな名門コース。タイ国内の様々なトーナメントも開催されており、数々のドラマを生んでいます。北へ行ったら必ずラウンドすべきゴルフ場でしょう。




注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ