ロナルド・フレームが設計したゴルフ場は?

ウィンザー パーク&ゴルフ クラブ(バンコク)

ウィンザー パーク&ゴルフ クラブ(バンコク)

世界60カ国で200コース余りを手がけたロナルド・フレームの設計。元々はパンヤ・グループのゴルフ場として1993年に27ホールで開場され、2006年には9ホール増設。36ホールとなって、経営も代わり パンヤパークから 現在のウィンザーパークに生まれ変わりました。ちょっとしたタイ人コンペの数ではトップクラスでしょう。ゆったりと広々としたコースに、フェアウェーとガードバンカー・池がうまく配置され、ラフも厳しく戦略的なコースとなっています。常にグリーンの状態も良く、またグリーンのアンジュレーションは厄介でプレイヤーを悩ませます。クラブハウスも風格があり ドッシリとした重みを感じさせ、ここのタイ料理は定評があります。


パンヤ インドラ ゴルフ クラブ(バンコク)

パンヤ インドラ ゴルフ クラブ(バンコク)

1991年のオープンで、バンコク市内から40分ほどにあり、近くてコースのコンディションも比較的良いこともあり、なかなか日本人にも人気のあるゴルフ場です。湖による障害、ドックレックも多く、アンジュレーションも適度にあり戦略的なコース。


マウンティン・シャドーGC(シラチャ)

マウンテン シャドー ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

1993年に 旧名 ナチュラル パーク ヒルGCは、パンヤ インドラの姉妹コースとして造られました。名前の通り アップダウンがあり OBも池も多く、うねりをうまく利用したグリーンの難しさと速さは上級者をも天敵とします。




注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ