54ホールあるゴルフ場は?

セント アンドリュース

バンコクから約2時間、パタヤからだと約30分で到着する三つのゴルフ場です。パタヤの上方、ラヨーンにあるセント・アンドリュース2000とラヨン グリーンバレーCCが、同じ敷地内に併設されているのは有名ですが、更に 昨年 この敷地の中に追加コースとして、シルキー オーク2010 CC が造られました。ゴルフ場の名称は、それぞれ違いますが、経営とスタッフ、また 受付も一緒である為、この三つの18ホールのゴルフ場を54ホールのカテゴリーにしました。セント・アンドリュースとシルキー オーク、ラヨン グリーンバレーとシルキー オーク… 等々、泊りがけで色々な組合せで、それぞれのコースを楽しめます。ゴルフ合宿に最適でしょう。



セント アンドリュース2000 ゴルフ クラブ

セント アンドリュース2000 ゴルフ クラブ(ラヨーン)


難敵なグリーンやとんでもない段差を造ったり、難しさではナンバーワンの設計をするデスモンド・ミュアヘッドによるゴルフ場です。アウトの4番とインの13番は、パー6の名物ホールがあり、これを目当てにラウンドするゴルファーも多いと噂されます。(パー74)


ラヨーン グリーン バレー カントリー クラブ

ラヨーン グリーン バレー カントリー クラブ(ラヨーン)


1992年にピーター・トムソンの設計により、グリーンバレー・グループにより開発された18ホールのゴルフ場です。美しく変化に富んだ戦略性のあるホールがレイアウトされており、うねりのあるフェアウェー、美しいウォーター・ハザードは定評があります。


シルキー オーク2010カントリー クラブ

シルキー オーク2010カントリー クラブ(ラヨーン)


2010年に上記の二つのゴルフ場敷地内に 追加コースとして造られました。珍しいコースとして楽しめるのは、ティグランドとグリーンは、それぞれ違う場所にありながら、同じフェアウェイを使用するホールが5箇所あることでしょう。





注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ