パタヤ・シラチャ近郊で宿泊施設があるゴルフ場は?

レムチャバン インターナショナル カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

レムチャバン インターナショナル カントリー クラブ(パタヤ/シラチャ)

<ロッジ40棟・コンドミニアム102室>
バンコク市内から南東へ高速を利用して、一時間半もあれば到着するパタヤ・エリアで一番の名門コース、タイのベスト5に入れるゴルファーも多い。コースは、A(マウンテン)、B(レイク)、C(バレー)と27ホールあり、バンコク近郊のゴルフ場としては珍しく丘陵地にあるので、日本的なアップダウンが楽しめます。タイにあるゴルフ場の中でも比較的トリッキーなゴルフ場の一つになります。比較的易しいのはABの組合せ、難しいのはCAの組合せ。Cコース(バレー)は、殆んど全てのホールのグリーン手前に池があり、かなり確実なフェアウェイ・ショットを打たないと池に入ってしまう。適度に左右OBもあり、なかなか難易度の高いコースです。


ブラハ ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

ブラハ ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

<ロッジ64棟>
広大な敷地の中にAB・CDコースの36ホールと、宿泊施設・ゴルフ練習場・プール・テニス場などの娯楽施設も用意され、泊って2ラウンドするには、最高なゴルフ場です! 宮谷内(みややうち) さんと云う方が、マネージャーでいらっしゃいます。


バンプラ インターナショナル ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

バンプラ インターナショナル ゴルフ クラブ(パタヤ/シラチャ)

<95室>
1958年開場で、今年52年目を迎えた歴史あるゴルフ場としても、また 毎年12月に坂田塾のゴルフ合宿が行なわれることでも有名なコース。2005年から株式を譲り受けた「オーブス」が、2008年にクラブハウスと一部ティグランドなど改修しています。オーブスは、日本で横浜CCや伊豆下田CCを運営していることで知られていますが、タイではバンプラの資本を半数持ち、タイ政府観光庁・財務省との完全な合弁企業となっています。営業方針とコース管理は、日本人がトップとなって運営されている唯一のゴルフ場です。丘稜地にレイアウトされ、タイでは珍しい高麗グリーンの難しさは定評があり、バンコク近郊の平坦なゴルフ場に慣れた方々には戦略的、挑戦的な工夫が必要なゴルフ場。


ラヨーン グリーン バレー カントリー クラブ

ラヨーン グリーン バレー カントリー クラブ(ラヨーン)

<75室・ロッジ6棟>
1992年にピーター・トムソンの設計により、グリーンバレー・グループにより開発された18ホールのゴルフ場です。美しく変化に富んだ戦略性のあるホールがレイアウトされており、うねりのあるフェアウェー、美しいウォーター・ハザードは定評があります。


セント アンドリュース2000 ゴルフ クラブ

セント アンドリュース2000 ゴルフ クラブ(ラヨーン)

<75室・ロッジ6棟>
難敵なグリーンやとんでもない段差を造ったり、難しさではナンバーワンの設計をするデスモンド・ミュアヘッドによるゴルフ場です。アウトの4番とインの13番は、パー6の名物ホールがあり、これを目当てにラウンドするゴルファーも多いと噂されます。(パー74)


ワンジャン ゴルフ パーク

ワンジャン ゴルフ パーク(ラヨーン)

<ホテル・ヴィラ・キャビンあり>
ゴルフを知らない人が造ったと言われる36ホール。グリーンにバンカーがあるなど、考えられない設計ばかりで非常にトリッキーなコースです。現在 ジャングルコースを設計中で、将来54ホールになる予定。ともかく 今 話題のコースです。


ソイ ダオ ハイランド ゴルフ クラブ&リゾート(チャンタブリ)

ソイ ダオ ハイランド ゴルフ クラブ&リゾート(チャンタブリ)

<46室>
バンコクから4時間、パタヤから2時間半と、カンボジア国境近辺の高原に造られたコース。依って、美しい豊かな自然の中 バンコクやパタヤでは見られない樹木や草木と花に溢れ、ゴルフ以上に自然を堪能できます。自然のアンジュレーションが魅力でしょう。


パタヤ カントリー クラブ&リゾート

パタヤ カントリー クラブ&リゾート(パタヤ/シラチャ)

<ヴィラあり>
バンコク市内より車で約1時間30分ほどの所にあるゴルフ場です。広々とした丘陵地に、クラブハウスの色に合わせたかのように綺麗な花々と緑が調和し、ビギナーや女性ゴルファーに人気があるコースです。宿泊施設ヴィラも完備しているので家族連れの姿を多く見かけます。


イースタン スター カントリー クラブ&リゾート(ラヨーン)

イースタン スター カントリー クラブ&リゾート(ラヨーン)

<ヴィラ66棟>
パタヤからラヨーンへ3号線を走り南東 約50kmの所にあり、バンカー、ドッグレッグ、池や湖のハザードが多く、また7,134ヤードという長い距離は、本格的なチャンピオンコースでもあります。宿泊施設もありゴルフ以外のファシリティも充実してファミリーでも楽しめます。




注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ