1970年代にオープンしたゴルフ場は?

ジョンポン ポー ゴルフ コース(サラブリ/ロブリ)

ジョンポン ポー ゴルフ コース(サラブリ/ロブリ)

1970年の開場と古く、バンコク市から車で約二時間の、お猿さんで有名なロブリー県にある陸軍が持っているゴルフ場です。軍関係のコースにありがちなフラットさは 変わりありませんが、大きな木々が景色を美しくさせています。他の軍コースに較べてOBが多いかも知れません。タイの国民的スターであるトップ プロ ゴルファーのトンチャイ・ジャイディ選手は、この県で生まれ、同ゴルフ場でキャディをしながら腕を磨き、プロになったことでも知られているコースです。


1971年 サイアム カントリー クラブ オールド コース(パタヤ/シラチャ)

サイアム カントリー クラブ オールド コース(パタヤ/シラチャ)


2010年2月に米国のホンダLAGPで宮里藍ちゃんが見事 優勝を成し遂げて 更に有名になりました。2006年3月にコース・クラブハウスなどリニューアルしています。自然の起状に101個のバンカーは、年輪を重ねた樹木とマッチして記憶に残るでしょう。


ローズ ガーデン ゴルフ クラブ(ナコンパトム)

ローズ ガーデン ゴルフ クラブ(ナコンパトム)


バラやランで有名な園内で、タイの伝統舞踊や象のショーが観られるローズガーデンに隣接しており、お父さんはゴルフへ、お母さんと子供達は観光へと、ファミリー向けのゴルフ場。プレーしながら花と緑で満喫できるでしょう。


ナワタニ ゴルフ コース(バンコク)

ナワタニ ゴルフ コース(バンコク)

ナワタニ(NAVATANEE)は、1973年(37年前)開場で歴史と伝統ある名門中の名門です。タイ カントリー、アルパイン ゴルフ、と合わせて、以前から日本の観光客ゴルファーがプレーしたいゴルフ場のベスト3に入ります。1975年(35年前)に国際ゴルフ協会から栄誉ある「ゴルフ・ワールドカップ」(23回大会)に指名され、この時がタイで初めて国際水準のゴルフコースとして認められたゴルフ場でもあります。また 1999年には 米国ゴルフダイジェスト誌より、タイ国内No1ゴルフコースにランクもされています。名門であり、芝・グリーンの状態も良く、全体的に完成度が高く、中心地から40分前後で行ける利便性も良く、根強い人気のあるゴルフ場です。



ランナ ゴルフ コース(チェンマイ)

ランナ ゴルフ コース(チェンマイ)

1974年に開場で、チェンマイのエリアで最も歴史のあるゴルフ場。陸軍のコースで増設された9ホールは競馬場を利用している為、ラウンド中に競馬場を通り抜けるホールもあり、タイならではゴルフ場。乗馬・射撃・テニスコート・プールなど完備され、ゴルフ以外でも楽しめます。



ユニコ グランデ ゴルフ コース(バンコク)

ユニコ グランデ ゴルフ コース(バンコク)

クルンテープの少し先にあるゴルフ場。2006年にクラブハウスをリニューアルしてからイメージチェンジに成功。但しフェアウェーなどは変わらず。誰でも気軽にプレー出来るゴルフ場でもあります。




注意

「当ランキング市場は、管理者の体験と情報入手によって造られています。もし、閲覧者の皆さまで、誹謗・中傷を除き、新しい情報や異論と思われる内容などございましたら、掲示板を通しましてご遠慮なく指摘頂ければ幸いです。
BBS → 情報交換のための掲示板をご利用下さい。


このページの先頭へ