バンコク・エリア


大きな地図で見る

数多くの秀逸コースに出会えるゴルフ環境の素晴らしさもバンコクの魅力。タイ国内にあるゴルフコースの半数近く、およそ100カ所が市街地からアクセス至便なロケーションに点在。ゴルフコースの特徴は、大平原に展開するアップダウンの少ない平坦なレイアウトが主流。池やバンカーを巧みに配し、高い戦略性を備えるゴルフコースが集います。

カンタラット ゴルフクラブ <ロイヤル タイ エア フォース ゴルフコース>

【Royal Thai Air Force Golf Course (Kantarat) 】

カンタラット ゴルフクラブ <ロイヤル タイ エア フォース ゴルフコース>


ドンムアン旧国際線空港に降り立つ際、真下に広がる空港空軍基地内にあるゴルフ場。コース内に飛行機が横断する滑走路もあり、飛行機が来れば踏切で電車を待つように ひと休み。こんなゴルフ場は世界で一つだけでしょう。タイならではの名物コースで、話のタネに是非一度ラウンドすることをお薦めする。写真は「塚田好宣プロ撮影」


クルンテープ クリタ スポーツ クラブ <旧名:フォアマーク>

【Krungthep Kreetha Sports Club】

クルンテープ クリタ スポーツクラブ<旧フォアマーク>(バンコク)


市内中心部から少ししか離れておらず、朝の渋滞がなければ15分で行けちゃうコースです。1969年の開場で名門… 以前はファアマークという名称でしたが、メンバーはタイ人のみで外国人はなれないという、珍しいゴルフ場です。


ザ レガシー ゴルフ クラブ

【Legacy Golf Club】

ザ レガシー ゴルフ クラブ


バンコク唯一のニクラウス設計のゴルフ場。彼の特徴でもあるサンディ・ウェストとウォーターハザードの配置による戦略性のあるコースレイアウトとなっています。旧名はナチュラルパーク・ラミンドラ・ゴルフクラブ。

ナワタニ ゴルフ コース

【Navatanee Golf Course】

バンプラ インターナショナルGC


1975年に国際ゴルフ協会から「ゴルフ・ワールドカップ」に指名され、タイで初めて国際水準のゴルフコースとして認められ、1999年には、米国ゴルフダイジェスト誌より、タイ国内No1ゴルフコースにランクされています。

パンヤ インドラ ゴルフ クラブ

【Panya Indra Golf Club】

パンヤ インドラ ゴルフ クラブ


1991年のオープンで、バンコク市内から40分ほどにあり、近くてコースのコンディションも比較的良いこともあり、なかなか日本人にも人気のあるゴルフ場です。湖による障害、ドックレックも多く、アンジュレーションも適度にあり戦略的なコース。

ザ パイン ゴルフ&ロッジ

【Pine Golf & Lodge】

ザ パイン ゴルフ&ロッジ


9ホールだったミニコースから、05年に大掛かりなリニューアルを経て宿泊設備も完備してオープン。起状も少ないフラットなコースで、初心者も女性も安心してラウンドできるでしょう。宿泊料金もプレー代も低価格でゴルフ合宿にはピッタリなゴルフ場。


プレジデント カントリー クラブ

【President Country Club】

プレジデント カントリー クラブ


ノース/イーストとウエスト/サウスに分かれたコースで、ノース/イースト コースが93年、ウエスト/サウス コースが02年の開場です。設計はロバート・トレント・ジョーンズJr. 殆んどのホールが池絡みで、グリーンの廻りのバンカーで苦労するかも?

ラチャプルック クラブ

【Rajpruek Club】

ラチャプルック クラブ


ラチャプルックとはタイの国花で、英名をゴールデンシャワーという花の名前をつけたゴルフ場。 市内中心地から30分にあるゴルフ場としては、フェアウェーも広く、アンジュレーションも大きくて難しいと評判。キャディなどへのチップなど厳禁されている。

ロイヤル バンコク スポーツ クラブ

【Royal Bangkok Sports Club】

ロイヤル バンコク スポーツ クラブ


バンコク中心地の競馬場の中にあるコースで、スカイラインのラジャダムリ駅から真下に望めるゴルフ場。1926年に、現在のゴルフ場の原型が造られました。但し 完全メンバー制のゴルフ場で、メンバーと同伴で無ければラウンド出来ません。メンバーには外国大使、王族関係や政財界などの署名人が多く、タイの隠された社交場であり、順番待ちで、タイ人のお金持ちでもメンバーになれないというコースです。

ロイヤル ドゥシット ゴルフ クラブ

【Royal Dusit Golf Club】

ロイヤル ドゥシット ゴルフ クラブ


タイの現国王がお住まいのドゥシット地区、チットラダー宮殿の南側にある競馬場内のゴルフ場です。18ホールのパー65ですが、雨で水がたまらないように、グリーンはすべて砲台グリーンになっていますので、グリーン周りが非常に難しいコースです。馬が走る日は午前10時で終了となることと、食事ができるレストランがないこと、これが要注意のミニゴルフ場です。

ロイヤル タイ アーミー スポーツ センター ・オールド / ニューコース

【Royal Thai Army Sports Center Old / New Course】

ロイヤル タイ アーミー スポーツ センター ・オールド / ニューコース


1987年の開場ですが、その後18ホールプラスされ、今では新旧で36ホールのゴルフ場として見られています。どのホールもフラットで、縦に並んだ大きな木々がホールを分けているように感じる。池やバンカーも少なく、初心者には最高なゴルフかも知れません。

タノン ゴルフ ビュー&スポーツ クラブ

【Thanont Golf View & Sport Club】

タノン・ゴルフ・ヴュー&スポーツ・クラブス


1996年の開場で、ミンブリ地区ですから約一時間の距離に位置し、全体的にフラットに造られており、多少ボールが左右に飛んでも、ぶれても池やOBも少なく、思い切って伸び伸びプレー出来ます。ティーグランドに立つとフェアウェイが広く池も待ち構えてはいますが、避けられる程度の池で、バンカーが多くあっても逃げ道が用意され、OBも少なく初心者や女性ゴルフファーにプレーし易いゴルフ場でしょう。ここはタイ人ゴルフファーも多く、プレーしていると心なしか初心者を多く見かけます。自信をつけたいゴルファー、または 初心者向けで "癒しのゴルフ場" となる由縁です。


ユニコ グランデ ゴルフ コース

【Unico Grande Golf Course】

ユニコ グランデ ゴルフ コース


クルンテープの少し先にあるゴルフ場。2006年にクラブハウスをリニューアルしてからイメージチェンジに成功。但しフェアウェーなどは変わらず。誰でも気軽にプレー出来るゴルフ場でもあります。

ウィンザー パーク&ゴルフ クラブ

【Windsor Park & Golf Club】

ウィンザー パーク&ゴルフ クラブ


元はパンヤ・グループのゴルフ場で、パンヤパークという名前でスタート、現在はウィンザーパークに変更。タイ人のコンペがよく開催されることで有名ですが、ゆったりと広々としたコースに、フェアウェーとガードバンカー・池がうまく配置され、ラフが厳しいかな…

このページの先頭へ