カンチャナブリーエリア


大きな地図で見る

バンコクから北西に約130キロメートル。タイで3番目に大きな県カンチャナブリは西側をミャンマーと接する国境の地。多くの自然公園を有する山と渓谷美に溢れた自然の宝庫です。第二次世界大戦下に敷設された鉄道路線が一部残っていることでも知られており、悲しい歴史にも触れることができます。

ブルー サファイア アイランド ゴルフ&リゾート

【Blue Sapphire Island Golf&Resort】

ブルー サファイア アイランド ゴルフ&リゾート


名前の通り、元々は宝石の採掘エリアだった場所に、2004年 カンチャナブリの街より車で45分ほどの所に開場されたゴルフ場です。起伏の激しいレイアウトのコースと、船の形をした宿泊施設や乗馬、釣り、カヌーなど様々アクティビティを完備した宿泊型がゴルファーに人気があります。

エバーグリーン ヒルズ ゴルフ クラブ&リゾート

【Evergreen Hills Golf Club & Resort】

エバーグリーン ヒルズ ゴルフ クラブ&リゾート


カンチャナブリの麓の丘陵地に、1990年に開発されたコースです。フェアウェーもグリーンもアンジュレーションが激しく、コースは森林に囲まれ、日本の山間部に造られたゴルフ場の小型版、と云ったところでしょうか。雄大な自然の中 ダイナミックなプレーが味わえるでしょう。

グリーン ワールド ホット スプリング ホテル リゾート&ゴルフ クラブ

【Green World Hot Spring Hotel Resort & Golf Club】

グリーン ワールド ホット スプリング ホテル リゾート&ゴルフ クラブ


カンチャナブリの奥深いミャンマーの国境に近い温泉が出るエリアに、ホテルと一緒に造成されたゴルフ場です。自然の大きな木々がハザードとなって、スコアアップの邪魔をします。日本のように、ゆっくりと温泉に浸かりながらゴルフを楽しむことが出来るのはここだけかも知れません。

グランド ガーデン&カントリー クラブ<現 ザ ライオン ヒルズ ゴルフ&カントリー クラブ>

【The Lion Hills Golf&Country Club】

グランド ガーデン&CC<現 ザ ライオン ヒルズゴルフ&CC

1904年オープンの"グランド・ガーデン&カントリー・クラブ" はバンコクの西方142Km、カンチャナブリ県に位置しているタイで最も古いゴルフ場。1992年に "ザ・ライオン・ヒルズ・ゴルフ&カントリー・クラブ" へ名称変更しています。日本のゴルフは1903年(107年前)に神戸の六甲山に造られた神戸ゴルフ倶楽部が始リだそうですから、ほぼ同じ時期にタイも日本もゴルフを始めていました。当時は9ホールだったようです。

ミッション ヒルズ ゴルフ クラブ カンチャナブリ

【Mission Hills Golf Club Kanchanaburi】

ミッション ヒルズ ゴルフ クラブ カンチャナブリ


マウンテンビューはこのエリア一番の名門ゴルフ場といわれています。山岳をイメージするが、田園地帯のフラットな地形に広がるコースで美しいヤシの木の配置が印象的。

ニチゴ リゾート&カントリー クラブ

【Nichigo Resort & Country Club】

ニチゴ リゾート&カントリー クラブ


1992年に日本人の設計家、小林光明氏によって造られたゴルフ場。マウンテン、リバー、レイクと名付けられ、それぞれ景観が素晴らしくここの日本人ファンは多い。近くに桑井川神社があり、第二次世界大戦でこの地までやってきた日本兵が祭られています。

リバー クウェイ ゴルフ&カントリー クラブ

【River Kwai Golf & Country Club】

リバー クウェイ ゴルフ&カントリー クラブ


カンチャナブリ市から北西へ60キロのクワイ川を望む高原地帯に開場された本格的なコースです。コースそのものも特徴あるホールが多く、ゴルフ場の入口手前には道路がなく、電話をするとゴンドラがやってくるというユニークなゴルフ場ですので、初心者も全体的に楽しめるコースでしょう。

シーナカリン ダム ゴルフ&リゾート

【Srinagarind Dam Golf&Resort】

シーナカリン ダム ゴルフ&リゾート


シーナカリンという名は、プミポン国王のお母様の名前で、カンチャナブリから100キロ山奥にあるシーナカリン ダムを見下ろせる、EGAT (電気公社) 所有のゴルフ場です。大きなダムに見守られるながらのラウンドは、雄大な気持ちにさせてくれるでしょう。

このページの先頭へ