佐野さんの番組が なぜ視聴率が高いのか ・・・





 
 佐野さんは 日本の文化を正しく伝えながらも、タイの人は日本のどんなことを知りたいのか、
という観点で番組をプロデュースしながら紹介しているそうです ・・・ 昨日からの続きです。 

以前からそうでしたが、近年ますます そのボルテージは上がり、タイ人の “日本好きと憧れは” は、
アジア一、いや世界有数でしょう。 でも せっかく そんな状況なのに、きちんと日本の慣習・文化が
理解されていないことは、ワタシも残念に思います。 プロデュースする人達は なおさらでしょうヨ。

 

佐野さんは多くの映画やドラマに出演している経験から、タイの言葉や気質・好み、文化・慣習を知り
尽くしていますので、制作する時でもレポートする時でも、タイ人が何に惹かれるのか、どんなことを
知りたいかを考えながら、ある時はタイ人が好きな笑いも入れながら、バラエティ風に構成するようです。

日タイの文化・慣習の違いと良さを どう訴えれば興味を持ってもらえるか、タイ人と日本人の中間に
立って、アピールする際の言葉の選び方にも留意しているそうです。 そういう意味では佐野さんは

 

日タイのハーフなんでしょう。 これらのことを佐野さんが中心になってスタッフ全員で番組を
制作していますから心強いです。 他に多くの日本を紹介する、似た番組がありますが、「すごい
ジャパン」 が、草分け的存在になって、視聴率も高くなるのは当然かも知れませんネ。

また、今でこそタイで超人気者になった佐野さんですが、タイトルは 「WABI SABI(わびさび)」 から
「すごいジャパン」 に変わったものの、日本を紹介していくTV番組を続けて、まもなく10年になります。

 

スタートした当初は タイでは知られていましたが、日本では全く無名の番組ですから、日本の
寺社などからも断られたと聞きました。 これまでに多くの苦労や辛酸を舐めてきたからこそ

今があるんでしょうネ。 何事も続ける、続けられるということが大切だと、つくづく思いますねぇ~
今では佐野さんに地方自治体や観光地などからの売り込みも多く、状況は一変してしまいました。

第二の故郷がタイである佐野さんが、これから目指していることは日タイの真の文化交流だそうです。

    
<最後は中村さんの八O八にて一献でしたが、私が入った写真はブレてしまいました(苦笑)>

「せっかくタイ人が日本の全てを知りたがってくれているんだから、正しく伝えていきたい。 
旅を 通じて、もっと多くのタイ人に日本に来てもらいたい、知ってもらいたい」 と考え、

その一役を担えればと思っている佐野さんでした。 『すごいジャパン』 のプロデューサーであり、
ナビゲーターでもある佐野さんのこれからの活躍が楽しみです。  

 静岡を紹介した 「すごいジャパン」 はこちらから

2 Responses so far.

  1. HIRO より:
    おすすめは?
    はじめまして。
    3月28日早朝着でタイ入りします。
    ゴルフ経験者2名初心者3名の計5名でラウンド予定です。
    安くておすすめのゴルフ場はありますか?
    また予約はサイト経由のほうが良いでしょうか?
  2. 泰一 より:
    クラブタイランドカード
    バンコクでゴルフをするなら、まず、「クラブタイランドツーリストカード」に入会すること。
    30日間有効で、料金は800B+税金7%です。
    バンコクでは即日発行できますが、日本国内でも発行できるので、下記サイトを読んで申し込んで下さい。
    http://www.thailandcard.com/?p=20

    バンコクのゴルフ場のGF料金は下記サイトで御覧ください。
    http://www.thailandcard.com/?cat=14

    予約は、クラブタイランドにお願いしてもいいですし、ご自分でゴルフ場に電話すればいいですよ。平日なら、前日に電話すればいいでしょう。