パチャラ・コンワットマイ選手が優勝したら 石川さんが通訳に?





  
 米国男子ツアーでのポイントランキングの上位30選手によるプレーオフシリーズの最終戦
「ツアー選手権 by コカ・コーラ」 の三日目が終わって、松山英樹プロが踏ん張っています!

首位と4打差の3位から出た松山英樹プロは6バーディ・1ボギー・1トリプルボギーの
「68」 とし、通算8アンダーで最終日を迎えます。 順位は5位に後退しましたが、
トップとの差を3打に縮めていますから、チャンスは まだまだ ありますヨ。

 
 <松山英樹プロと遠藤大典キャディ>

3年連続の最終戦進出となった松山英樹プロのポジションは17位です。 松山プロが優勝し、
いくつかの条件がクリアされれば、1000万ドル (10億円) を手にすることになります。 
やはりアメリカは賞金規模のケタが違います ・・・ 

松山英樹プロが使用するクラブはスリクソン、先週 日本ツアーのメジャーシニアで勝ったプラヤド・
マークセン選手もスリクソンの契約選手です。 ここのところスリクソンのロゴが際立っていますネ。

「アジアパシフィック ダイヤモンドカップ」 で、首位をキープしているパチャラ・コンワットマイ選手が
もし優勝したら2年前までスリクソン スポーツ (タイランド) 社の初代社長を務めていた石川さんが、

 
 <13年マークセン選手が優勝したタイオープンでの石川さん>

優勝インタビューで通訳をするそうです。 それを聞いて私は、パチャラ君もスリクソンの
用具を使用しているのかと思いきや、違うんです、って。 その経緯は こうだそうです ・・・

帰任した石川さんは現在、ダンロップスポーツ本社 (兵庫県神戸市) に勤務していますが、金曜日に
休暇を取って、参戦しているプラヤド・マークセン・タンヤコン・クロンパ、チャプチャイ・ニラト選手ら
スリクソン契約プロらを、個人的な応援に駆け付けたことが出会いの始まりだそうです。

石川さんは、個人的にもパチャラ・コンワットマイ選手に注目していたそうですが、観戦していると彼の
父親が、ずっと一人で応援していて 何となく寂しそうだったので声かけたのがきっかけだったそうです。

 
 <17歳のパチャラ選手が優勝したらビックニュースでしょう>

これからは私の想像ですが、首位を守り続けている無名のパチャラ選手が もし優勝したら、インタビューの
通訳はどうするか ということになって、練習前や試合後にプラヤド・マークセン、タンヤコン・クロンパ選手らと

タイ語で話している石川さんを見て、またお父さんとも親しくなっていたこともあり、通訳という
重責を担うことになったのかなと。 優勝してのインタビューがとても楽しみです。 

処で パチャラ・コンワットマイ選手は、フォーティーンから用具の提供を受けており、ドライバーは
キャロウェイのレイザーフィットを使用していると聞きましたが、これを機会にアジアの星に
なりつつあるパチャラ選手も、スリクソンのクラブを使用するようになったら万々歳でしょうネ。

 
 <2度目の最終日 最終組の香妻琴乃プロ>

そう言えば、ダンロップスポーツ 唯一の冠大会である 「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子
オープン」 も行なわれていますが、同大会に出場するゼクシオ、スリクソン、クリーブランドと
ボールなどの用品使用契約をしているプロは33名もいるそうです。 最終日は、契約プロである
 香妻琴乃プロがトップの申ジェ選手を2打差で追いかけます。 さて、こちらもどうなるか?  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト