子供の頃、どんな仕事に就きたかったですか?





  
 日本では今日は「子供の日」ですネ。“子供は国の宝”、世界で子供の日は設けられています。

国連が定める「世界子どもの日」は、11月20日です。1989年(平成元年)のこの日、
「子どもの権利条約」が、国連総会で採択されたことを祝して制定されたと聞いています。

 

タイの子供の日は、1月の第2土曜日と決まっています。この日となったのは、1965年から
のことであり、1955年から1964年までは10月の第1月曜日でした。1年の初めに変更したのは、

国の宝である子供を「今年も大切に」という意識付けの為にそうしたと聞きます。また10月は
雨季で、せっかくの子供の日のイベントが中止になることも多いことも理由の一つらしいですヨ。

 

報道によりますと、日本では15歳未満の子供の数は1,571万人(4月1日時点)で、前年より17万人減り
1950年以降で最低になったとか。36年連続の減少で、ピークだった54年(2,988万人)のほぼ半数まで

減ったことになるようです。人口に占める子どもの割合は12.4%で、これも43年連続で低下しており、
最も高かった50年(35.4%)の3分の1近くにまで、下がったそうですから深刻です。

日タイでも子供は国の宝であることは変わりありませんが、この時期になると各会社が「将来、子供が
就きたい仕事」のアンケート調査を行なっています。日タイを較べると その社会背景が垣間見えますネ。

 

第一生命保険が日本の子供に「将来 大人になったら就きたい仕事」のアンケートによると …
(全国の保育園・幼稚園児と小学生の計1,100人が対象)

<男の子のなりたいもの>    <女の子のなりたいもの>
1.サッカー選手          1.食べ物屋さん (8割近くがケーキ屋さん)
2.学者・博士           2.保育園・幼稚園の先生
3.警察官・刑事          3.学校の先生 (習い事の先生)
4.野球選手            4.お医者さん
5.お医者さん           5.看護婦さん      

 

タイの小学生アンケートは、スイスの人材サービス・アデコが「将来就きたい職業」として報告しています。

1位が「教師」2位は「医師」3位「軍人」4位「スポーツ選手」5位「警察官」でした。人気上昇中の
職業は「アニメーター」「ビデオゲームキャスター」「世界企業のCEO」などで、希望する月給は1万
5千バーツ~3万バーツ(約4万9千円~9万8千円)がほとんどで、最高で9万バーツ(約29万円)でした。

 

自分のアイドルには「両親」を上げた子どもが最も多かったようです。2位は昨年10月に死去した
プミポン前国王。3位はサッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガル)でした。

調査会社が違うことと タイの調査は男子だけのものなので、一概には比較できませんが、
何かを感じます。  読者の皆さんは、子供の頃 どんな仕事に就きたいと思っていました?
 私はプロ野球選手でした ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト