今日は新国王、最初のお誕生日! そして ・・・

 




 タイでは今日28日はワチラロンコン新国王(ラマ10世)の誕生日で祝日となっています。 

ワチラロンコン国王はプミポン前国王の死去を受け昨年即位されました。よって、タイ政府は
今年から新たに2日の祝日を追加決定しています。 新たに追加される祝祭日は今日と、

 
 <ワチラロンコン国王の肖像を描いた切手も発行されています>

前国王のプミポン国王(ラマ9世)の崩御日にあたる10月13日です。それに代わって、
5月5日の祝日(プミポン国王戴冠記念日)の廃止を閣議で決定しています。

ワチラロンコン国王は1952年にバンコクでお生まれになり、現在65歳になられました。英国の
高校、豪州の陸軍大学を卒業し、75年に陸軍情報局の軍人として公職にお就きになっています。

90年11月には天皇陛下の即位の礼が行われた際に来日したこともありました。またタイへ
お若い頃から皇太子の浩宮さま、秋篠宮さまも来られ、両家の親しい間柄は有名です。 

 
 <秋篠宮さまとシリントン王女>

ワチラロンコン国王は今でもドイツ・ミュンヘン南西のスターンバーグ湖畔にあるタイ王室
所有の別荘で過ごすことが多いと、ニュースなどで聞き及びます。 10月25日~29日に
行なわれるプミポン前国王の国葬が終わるまでは、公務も控えめにされているとも聞きます。

タイ国民のプミポン国王への敬愛はかなりのものです。どなたがその後を継承されても、
偉大な国王と比較されたら気の毒ですよネ。それだけの大きなプレッシャーを、これから
ワチラロンコーン新国は背負って行かれるんですから大変です。

 
 <お誕生日を祝って多くのカメが放流されました>

一昨日、バンコクの南東に位置するチョンブリ県で、ワチラロンコン新国王の65歳の誕生日を祝い、
国王の幸福を願う記念式典の一環として、児童や海軍将校らが1,066匹のカメが海に放流されました。
このような儀式を積み重ねてワチラロンコン新国王と国民は少しずつ一体化されていくのかも知れません。

そう言えば 昨年12月、ワチラロンコン皇太子が新国王に即位後、国王としての慈悲を国民に
示す初めての機会となる大規模な恩赦を発表しましたけど、実行されたんでしょうかネ。

 

現在、タイの刑務所に収容されている囚人の数は32万1,347人にも上り、その中のおよそ7割は
麻薬関連犯罪で刑務所に収容されている囚人だといいます。プミポン前国王も毎年、服役している

受刑者に対し恩赦を与えておられていました。それをワチラロンコン国王は前例がない
規模の受刑者の恩赦をされると、英字新聞のバンコクポストが報じていました。

 

恩赦の対象は、王室を侮辱した不敬罪や薬物犯罪による受刑者、障害や深刻な病気を抱える
受刑者などが主となり、また 恩赦を受ける受刑者は年齢、刑の重さ、受刑期間、行動に
基づいて減刑、釈放の判断が下されることになるようです。

この判断基準に沿って、およそ3万人が釈放され、その他の受刑者は減刑措置などが取られるとも報じて
いました。ですが、まだ行なわれていませんネ。 プミポン前国王の国葬が終わってからでしょうかネ。

 いずれ、今日はワチラロンコン皇太子が新国王になられて最初のお誕生日。皆でお祝い致しましょう。  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト