タイの入国手続きがスムーズになるって、嬉しい?

 




 タイへ来て 最初に不愉快な気分になることが ・・・ それは入国時のカウンターでの
待ち時間。 そう思う人も多いでしょ。 それが少しは解決されそうですヨ。

タイ入国管理局が「外国の旅行者向けに自動パスポートチェックシステム」を導入するとか。
タイ英字紙「Nation」によると、現在はタイ人だけが使用可能な自動パスポートスキャナーを、

徐々に外国人にも利用できるよう進められていると言うんですネ。これはタイ入国
管理局のナタホーン局長が同新聞社に取材で 答えているので違いないでしょう。

外国人が自動パスポートチェック端末を利用できるようになれば、現在 1人当り約1分~3分
かかっている入国時の処理時間が20秒~30秒になるようです。行列に いつも30分以上はかかる
待ち時間も無くなりますヨ。 いやぁ~ 嬉しいとは言わないまでも良いニュースです。

現在スワンナプーム・ドンムアン空港にタイ人が利用できる「自動パスポートチェック端末」は
トータル52機あるそうですが、利用しているのは約7割で、その一部を外国人専用端末として、

 
 <これは米国の自動パスポートチェック端末>

テストに割り当てるようです。同端末に外国人出入国用ソフトウェアをインストール
すれば、外国人のパスポートの情報も読み取ることができるようになるといいます。

テストから全ての外国人に対応することは出来ないでしょう。今月から9月中に、まずは入国のビザが
必要なシンガポール人と香港人向けに自動パスポートチェック端末を導入する予定だそうです。なぜか? 
両国人は、他の外国人よりタイへのリピーターが多いため、最初に同端末を使用してもらうとのことです。

 

また毎年900万人の中国人観光客がタイを訪問しているのに対して、香港とシンガポールからの
観光客は約100万人と少なく比べものになりません。ですが、中国人観光客の大部分はタイを

一度訪れた後、リピーターとして戻って来ませんが、香港とシンガポールからの訪問者は、
ここ数年、リピーターとしてタイに来ているというのが、大きな理由のようです。

 

セキュリティ上の問題で中東、南アジア、アフリカの一部の訪問者に対しては行なわないと
していますが、香港とシンガポールの後は、豪州・欧州の国や日本など、ビザ無しで入国が
認められている国に対しても、自動パスポートチェック端末を利用できるようにするとのこと。 

ただ、自動パスポートチェック端末を使用するためには、事前にタイ入国管理局に必要な情報を登録する
必要があります。日本に居るゴルファーはリピーターが多いですから、是非 登録しておきたいですよネ。

 

登録する人が増えれば、長い行列や待ち時間から解放され、スムーズに出入国できるようになります。
初めて訪問する人も、同端末を利用できる人が増えることによって全体数は減りますから朗報です。

 今回の措置もプラユット首相が入国管理局に、入国手続きの改善、待ち時間の削減を指示したことで
進められた言われています。 なかなか良い所に目を光らしれくれるプラユット首相です!  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト