タイ人観光客は日本でいくら出費しているのかな?





 
 恒例となったタイ最大規模の旅行博「タイ・インターナショナル・トラベルフェア」の
第21回目が10日~13日まで、バンコク都内の「クイーン・シリキット・ナショナル・
コンベンションセンター」で開催されています。

日本政府観光局(JNTO)によると、今年1月~6月までに日本を訪れたタイ人は、前年同期比
9.3%増の53万900人と相変わらず止まらず、今年は100万人を突破する勢いです。ですから、
当然 このようなトラベルフェアには、日本の関係各社は より観光客の誘致に力が入ります。

 

主催はタイ旅行サービス協会(TTAA)ですので、主に海外旅行を取り扱うタイの旅行会社が
出展します。日本からもJNTOはじめ、埼玉県・岐阜県・JR東海・JR西日本・JR東日本・プリンス
ホテルなど46団体が出展しジャパンゾーンを形成。日本の観光情報の提供を行なっています。

でも100万人って凄い数字だと思いません? 昨年 タイを訪れた日本人は140万人ですヨ!日本人が
タイへ頻繁に訪れるようになって何十年も経っていますが、タイ人が日本を訪れるようになったのは、

13年7月に観光目的で訪日するタイ人に、15日以内の滞在はビザが免除されるようになってから 4年
しか経っていません。今 タイ人の誰もが最初に行きたい国は日本という声があるにせよ凄い数字です。

こんな話題の時にいつも思うのは、日本でタイ人はどのくらいの出費をするんでしょう? 格安航空
(LLC)が増便され、航空運賃が安くなったといっても、それなりに結構なお金がかかるでしょうに。

JNTOが訪日外国人へのアンケートを基に作成している「訪日外国人消費動向調査」のデータでは、
タイ人1人当たりの日本での旅行支出額は下記の通りですってヨ。(航空運賃代は含まれない)
2014年 146,029円、2015年 150,679円、2016年 127,583円。 平均すると、14,143万円です。

 

これをバーツ(3.3バーツ)に換算すると、約42,900バーツです。航空会社によって運賃が
変わりますが、7万バーツから10万バーツかかっている計算になりますねぇ~ 大雑把だけど …

2016年の1人当たりの旅行支出額127,583円の内訳は以下のようになっています。
宿泊料金 34,532円(27.1%)、飲食費 25,858円(20.3%)、交通費 16,529円(13.0%)、

 

娯楽・サービス費 4,821円(3.8%)、買い物代 45,414円(35.6%)、その他 430円(0.3%)。
他国のデータと比べると、宿泊料金や交通費は抑え気味で、買い物の比率が相対的に高いようです。

でも ここで知りたいのは年齢層と職業ですネ。 リピーターも増えていると聞きます。
これまで右肩上がりで増加してきた訪日タイ人観光客数は今後どのように推移していくのか? 
 果たして? ・・・ もう そろそろ限界に来ているような気がしますが、どうでしょう?  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト