癒しの国と呼ぶのは タイマッサージがあるから?





 “癒しのタイ” といわれる由縁にタイ式マッサージが有名です ・・・

中高年ゴルファーにも欠かせない存在となっています。日本からのゴルファーもゴルフと
マッサージをセットとして考えているようですネ。私も時折、スクンビット通り39にある、
タイ マッサージの総本山ワットポーの分校に行きます。

 

バンコク市を歩くと至る所で、足裏にツボの位置を示した看板を見かけます、それくらいマッサージ店が
乱立しています。真のマッサージを受けるには、お店が保健省認可の免許を持ち 且つ マッサージ師が

同省認定の履修課程で運営する学校の修了証を持っていなければ本物とは言えないのかも知れません。
ワットポー分校店であれば歴史も伝統もあり安心かな。ここは老若男女、誰にでも人気のあるお店です。

乱立の要因は、以前から無免許で店を出せましたし、修了証が無くマッサージを施しても罰則や取締りが
無く 且つ 風俗系の店も類似店となっていました。ようやく04年から保健省が公認免許を出しては
いましたが、既存のお店に対してうるさく取り締まりませんから、今だ 乱立傾向にあります。

 

タイ マッサージは「インドのヨガ、中国の指圧の影響を受けた療法で、約2,500年以上前に釈迦の時代に
インドで創始された医術が仏教と共にタイに伝来した」とされる歴史も伝統もあるものなので、保健省も
タイ式マッサージをもっと重要視して大切に援護してくれなければいけないと、常々思っています。

更に ヨガと指圧にプラスして、生命力が流れる筋(セン)に圧力を加えたストレッチの要素もあるタイ
独自のマッサージ方式を取り入れた、貴重なタイ式マッサージなんですから! もっと大切にしたいですネ。

 

ところで そんな歴史のあるワットポー寺内の伝統医療学校がマッサージの講習を始めてから まだ半世紀も
経っていないようです。実は同校が設立されたのは1955年(62年前)で、当初代々薬屋を営む同寺の檀家の
代表、ガムトーン氏らが伝統医療の古文書類が残るワットポーの遺産を発展させようと開校したそうです。

そんな中、61年(56年前)プミポン国王が同校を訪れた際「マッサージは教えていないのか」と尋ねた
ことが切っ掛けとなって、当時はまだ 教科に入っていなかったマッサージを翌年から講習を始めたそうな…

これがワットポーでのマッサージ学校の始まりで、マッサージの発展にもタイ社会のキーワード「王室」と
「仏教」が深く関わっている訳ですネ。 だから尚のことタイ・マッサージを疎かにしてはいけないのかも。

 

そしてガムトーン氏の息子で現理事長プリーダ氏が後を引き継ぎ、当初タイ人ばかりの受講者を30年前
初めての外国人であるイタリア人を入門させてから外国人の受け入れも始まり、今では外国人の受講者が

3割を占め、国籍は75カ国に及び 近年は万を超える受講者数となり、日本人を筆頭に、韓国人、ドイツ人と
続いているそうです。 増してや90年代から世界的な健康・癒しブームが来ていますから尚更です。

タイ式マッサージ、日本人も結構 学んでいるんですネ。日本でもタイ式マッサージ店が増えている訳です。
マッサージの話、明日に続きます ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト




4 Responses so far.

  1. yocchi より:
    (*^^)v
    興味深々の情報です♪
    やはり現地情報は凄いです♪

    ネットで調べても出て来なかった
    マッサージスクールでした。
    歴史ある所に魅力を感じました。

    ありがとうございました♪

  2. タカ より:
    ムーちゃん優勝!!
    フライング気味のコメントで申し訳ありません。
    でも嬉しくて明日まで待てません(~o~)

    ウェイティングからの優勝とは凄い事ですよ。
    苦しい日々だったでしょうに腐らず努力してきた結果が出ましたね。
    我が家のムーちゃんのサイン入りボールも長い間寂しそうでしたが
    今日はなんだかボールが輝いて見えます(笑)
    本当におめでとう、今年もうひとつ勝って欲しいです。

  3. 新陽 より:
    惨事が2件発生
    サタヤ選手、久しぶりの優勝!おめでとうございます。
    優勝賞金=1080万円を獲得し、今季の賞金額は1,469万円となり、賞金ランキングは49位になりました。
    昨年のシード(50位、2,013万円)まで、あと600万円となり、今後の活躍が期待されますね。
    サタヤ選手の優勝とは別に、最終日の話題をさらったのが、17番ホール パー3=164ヤードで起こった2つの惨事(?)でした。
    日本一顎が高いバンカー(5m?)で、2人の選手がトラブルとなり、川満陽香里プロが「7」、香妻琴乃プロが「8」を叩きました。
    香妻プロの模様は下記サイトで見れます。
    https://www.youtube.com/watch?v=jTuY59wwC4A&t=124s
    川満プロの模様は<Part3>の5分40秒過ぎから見れます。
    か弱い女子プロには難しすぎるのでは?なんていう批判もありますが・・・・
    会場であるオークビレッジを設計したのは、鬼才と言われたデズモンド・ミュアヘッドです。
    彼はタイ国内でも2つのコースを設計しています。
    ラヨーンにある「セントアンドリュース2000」と「エメラルドGC」です。
    2コースとも一度はプレーしておきたいコースです。
  4. nagaichi より:
    yocchi さん、タカさん、新陽さんへ
    コメントとご感想を有難うございました。
    これからも宜しくお願いします。