タイ式マッサージ、日本にも影響 あれこれ ・・・





 近年のワットポー寺院でのマッサージ学校の日本人受講者も8千人を超えるようで、
これには ちょっと驚きますネ。 一昨日からの続きです ・・・

東京でもタイ料理店と同じようにタイ マッサージ店が増えている理由も判りますネ。勢いは
止まらず、タイ式マッサージは日本に影響を与えているようです。外国でこれほどタイ式
マッサージ店が多いのは日本だけでしょう。ワットポーの修了証を掲げている店も多いとか …

 

同寺院の学校やバンコク都内のスクンビット校はじめ 本校から派遣された教師らによる指導の下
日本人受講者が二人1組で実務を学ぶようですヨ。 教師には日本語も分る人もいるといいます。

まぁ~ それだけ日本人による開校にも力を入れているのでしょうネ。保健省としては受講時間を最低
80時間の講習を求めているようですが、ワットポー医療学校のタイ人向け講座は60時間でOKとか。

 

このくらいの受講時間でマッサージ師になれても、どこのお店で勤められるか、その後の
実力次第で、いかにお客に指名されるかなどによって収入も大きく違ってくるようです。

4年前に地方の工場勤務からバンコクのマッサージ店に転職した26歳の子の場合、1時間250バーツの
料金として100バーツが本人に入り、後はチップ次第で1カ月の収入が決まります。チップは1人平均

 

100バーツほどですが、中には外国人で500バーツもくれる観光客もいるそうで、彼女達はチップが
大きな収入面となりますから、観光客にもっと来て貰いたい、と言う本音も理解できますネ(苦笑)。

1人平均200バーツ×5人×20日(1カ月)= 20,000バーツとなりますから、工場勤務より収入は
良くなったと言います。稼ぐ子はもっと稼ぐでしょうから 決して悪い商売ではありませんよネ。
唯 結構な肉体労働で慣れるまでは、かなり疲れるとも言っていました。 そうでしょうネ。

 

そう言えばゴルフ場のキャディさんと似ていますネ。そうそうカラオケの女の子もそうですネ。誰でも
簡単になれる商売は、チップが収入の大きなウエイトを占めます。 彼女達にとってチップは命です!

さて、ワットポー系スクンビット校を立ち上げたのは、旅行社を経営していた松永玲子さんという
人でしたが、今でもそうなのかな? 1997年に本校に出向いて「タイの文化を日本で広めて
みせる」とプリーダ理事長に直談判して講師派遣を取り付けて98年に開業したと聞いています。

 

一時期、日本の旅行社と組んで「マッサージ講習ツアー」も企画していたそうですが、受講者も
300人前後になり、9割は日本人で 内の7割が日本から観光客だというから驚きます。

癒しを求める時代と不況が重なり、資本が必要ない仕事ということが受けているのでしょう。
またマッサージ店には日本人の規定が無いようなので、誰でも開業できるとのことです。

でも この乱立状態ですからマッサージ スタッフの質が大きなポイントになり 簡単ではないよう。
 しかし、日本で職が見つからない老若男女がタイへマッサージを習いにきている人が多いようです。  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト