SEA GAMES(東南アジア大会)で際立ったこと!





 先週、マレーシアの首都・クアラルンプールで開催されていたSEA GAMES(東南アジア
競技大会)の全ての競技が終わり、大会は無事 終了しました。 当然、日本はエリア外
ですから参加していませんので、ニュースとして、余り流れていませんでしたが ・・・

タイは金72・銀86・銅88の計246個のメダルを獲得、金メダル数・総メダル数共にホスト国
マレーシアに次いで2位となっています。2年毎の開催で次回の2019年大会はマニラで開催。

 

1959年、東南アジア地域の友好、理解、平和と、オリンピック・ムーブメントの振興を目的として
第1回大会をタイにて開催され、当時の参加国はタイ、ビルマ(現・ミャンマー)、マレーシア、

シンガポール、ラオス、ベトナムの6カ国でした。その後フィリピン、インドネシア、ブルネイ、
カンボジア、東ティモールなどの国々も参加し(合計11カ国)、来年で節目の30回を迎えます。

 

タイ政府は同大会のメダリストに金メダル20万バーツ、銀メダル10万バーツ、銅メダル
5万バーツの褒賞金を支給すると発表しています。 団体競技も選手1人ずつに この
金額が支給され、また監督・コーチらにも褒賞金があり、総額は124百万バーツになるとか。

やはり際立っていたのが男子サッカーですネ。タイはホスト国のマレーシアを1対0で破り、
見事 金メダルに輝いています。これで同大会におけるタイの男子サッカーは3連覇、全29回の

うち、8連覇を含む16回目の金メダルでした。一時期、ミャンマーが第3回大会から
5連覇して、当時は東南アジア最強でしたが、今ではタイが最強の国になっています。

 

そして もう一つ大きな話題となりました。8月22日に行なわれた「馬術団体競技」で見事、
銀メダルを獲得したチームに王族女性がおり、タイの地元新聞各社は大きく取り上げました。

この王族女性、シリワンナワリー・ナリラット妃で、タイ現国王、ワチラロンコーン陛下の2番目の
奥さまとの間に生まれた王女なんですネ。1987年にお生まれになっていますから30歳になられます。

 シリワンナワリー妃のお話 まだ続きますが、長くなりますので明日に ・・・   

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト