タクシン氏のメッセージの意味するものは?




 
 国外へ逃亡したインラック前首相は、今 どこにいるのか その動向は不明ですが、兄 タクシン
元首相のツイッターでの呟きと、ファミリーの ちょっとした動きが話題になっています。

タクシン氏は昨日、英語で「11年前の記憶がタイ人の心の中から消えていないことを望む」と書き込み
ました。振り返れば昨日は、タクシン氏が軍事クーデターで政権を追われてから11年になる日です。

 

更に「私はこれからも、仲間であるタイ人の暮らしに常に関心を持ち続ける」と呟きました。 これは
タクシン派の風化を懸念し、自身の復活を目指していることをアピールしているのではと言われています。

或いは長男であるパントンテー氏に融資スキャンダルに絡んだ資金洗浄の罪に問う動きが出てきたからか。
インラック氏が海外へ逃亡し、政府の次のターゲットはパーントーンテー氏(37)との噂も流れているとか。
 
 
 <インラック氏とタクシン氏の子供たち>

これはタクシン政権時代に発生した国営クルンタイ銀行を舞台とする不正融資事件で、被告の不動産
業者からパーントーンテー氏に資金が流れ、マネーロンダリングの疑いがあるとしている問題です。

政府は 彼を資金洗浄の罪に問うことは、政治とは無関係とは言っていますが、パーントーンテー氏も
現政権の行政が司法に介入し、こうした魔女狩りのようなことを行なうことに非難しています。

 

もう一つの話題。先週の土曜日に、英国ロンドンでタクシン氏の長女ピントンテーさん(35)と夫と子供、
そしてタクシン氏と一緒の写真が彼女のインスタグラムに投稿されました。慌てたのは政府です。なにせ
インラック氏は現在、ドバイにいるようですが、将来は英国に亡命するという噂は周知の事実ですからネ。

インスタグラムに投稿したことは、誰でも閲覧できるわけですから、親子でタイ国民にメッセージを
送ったと受けとめることもできます。 そして、タクシン氏のあのツイッターの呟きですからねぇ~ 

 

どうやらタクシン元首相、先週は英国に滞在していたようです。ひょっとしたら、今も滞在中かも。 
誰でも思うでしょう。「インラック氏も英国にいて、久しぶりにみんなで再会しているのでは」と。

更に話を盛り上げたのは 副首相兼国防大臣であるプラウィット氏が、この時期に英国を公式
訪問していた日時と重なっていたことです。政府とタクシン ファミリーとの間で「密談」が
あったのではないか、という噂がまことしやかに広まっているようです。

 
 <プラウィット副首相>

プラウィット副首相は、英国のファロン国防相との会談で『国防関連の協力強化とタイ西部の
カンジャナブリ県で開催されるタイ英合同軍事演習「パンサーゴールド」について意見を交換
しただけ。他の要人には会っていない』と必死に同噂を否定していますが、果たしてどうでしょう。

 来年12月には総選挙が実施されるかも知れません。それに照準を合わせて、様々な打合わせ、
手打ちの調整が進んでいる? なぁ~んてネ。 まだ しばらくはキナ臭い話題がつきません。  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト