ゴルフ天国・タイ! あなたは何が天国と想います?

   



  
 タイがゴルフ天国と言われるようになったのは、いつ頃からでしたっけ。

そう言われるようになった要素を改めて ピックアップしてみると ・・・

* バンコクという大都市の周辺(車で2時間圏内)に120前後のコースがある。
* ワンバックにワンキャディ。(キャディは、ほとんどが若い女の子)
* ゴルフ場がピンキリまであるので、ゴルファーに合ったコースを選択できる。
* 手頃な料金でラウンドできるゴルフ場も多くある。(日本も安くなったけど)

 

* ドレスコードが無く気軽にプレーできる。
* 平日であれば、一人プレーも可能なゴルフ場も多い。
* 平日であれば、予約なしでもプレーできるコースも多くある。
* 18ホールをスルーでプレーするのが当たり前。    ・・・ 等々でしょうか。

他に 読者の皆さんが感じる要素は あります?  あったら、是非 コメント下さいな。

この中で、私は「18ホールをスルーでプレーできる」というのを 結構 重要視しています。
スルーに慣れてしまうと、日本式の昼食を挟むラウンドが出来なくなりますヨ、ホント。

  

少し前までは、私の出身地 関東では ハーフ終了後、昼食というのが当たり前でした。まぁ~ 日本の
ゴルフは “接待ゴルフ” という独自の文化・慣習が、一つの他国にない日本スタイルでしたからネ。
 
ゴルフ場のレストランも、スタート時間に合わせて順番に客が来ることは、無駄な待機時間もなく、
スムーズにサービスできるという利点もあって好都合です。 それよりもゴルフ場の売上げか(笑)。

ゴルフ場のレストランなんて、サービスの一環でオマケのようなものでしょう。 それを 無理やり
食事をさせるなんて、とんでもないことと 思っていました。 よくぞ ゴルファーは我慢してきました。

 

これに慣らされちゃって、ハーフで昼食とりながら休憩しないと調子が出ない、という人も少なからず
いるのも事実です。 日本から来た人とラウンドすると、ハーフで休みたい という人もいますものネ。

ところが、最近の日本では コースが空いていれば 多くのコースがスルーで、18ホールをラウンド
できるコースが増えてきたようですネ。強制ではなく 選択できると 言いますから尚更 良いですねぇ~

今では一部のゴルフ場では、平日などのコースで多いときで半分、平均すると3割ぐらいの組は
スルーでプレーしていると聞きます。いやいや 日本のゴルフ場も良い傾向になってきています。

 

タイのゴルフ場では、余程のことがない限り 途中で休息なんて考えられません。ですから1.5ラウンド
も可能ですし、早めに終わるので一日の時間を有効に使えます。プレー後、時間を気にせずゴルフ談義を
ゆっくり、ビールと昼食を堪能することができますし、朝早めに出れば、暑さも避けられますしネ。
 タイのゴルフ天国、私は「18ホールをスルーでプレー」を 一番に上げたいですネ。 あなたは?   

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
   



3 Responses so far.

  1. タカ より:
    タイゴルフ
    週3回ペースでゴルフをしていて十分過ぎるほど日本ゴルフに満足しているゴルファーの私なのに
    どうしてもタイでゴルフをやりたくなる理由、それは開放感です。

    キャディさんとの片言の会話も広々としたコースや空も、
    憎たらしいデカイ池やバンカーも全てが私には開放感につながってます。
    ゴルフ後のマッサージもタイ飯も私にはゴルフプレイの延長線、いやプレイそのものです。
    コースに着いて就寝するまでの時間全てがゴルフのプレイ時間です。
    こんな感覚、日本では味わえません(^^♪

  2. 中野 より:
    ゴルフバー
    タイのゴルフ場は2000年代初頭まではプレー料金が安く、まさに「ゴルフ天国」でしたが、現在では一部の有名ゴルフ場のプレー料金が日本以上に高くなり、もはや「ゴルフ天国」と言える状況ではなくなっています。
    nagaichiさんが言うように、18ホールスループレーくらいしかメリットがなさそうです。
    ●>*ワンバックにワンキャディ。(キャディは、ほとんどが若い女の子)
    日本ではキャデイ不足でセルフプレーが増えた結果、タイのワンキャデイ制が魅力でしたが、タイゴルフのリピーターになると、タイのキャデイーのレベルの低さに呆れて、セルフプレーの方がいいや!という日本人が増えています。
    ●タイ国内で唯一、ゴルフ天国と言えるのは、パタヤのゴルフバーでしょう。
    パタヤにはPSC(パタヤスポーツクラブ)という団体があり、パタヤに移住してきた欧米人を主体にしたゴルフやソフトボール、フィッシングなどを楽しむクラブがあります。
    PSC傘下には、20前後のゴルフバーがあり、毎日ゴルフコンペが開催されています。4万人以上の会員がいて(実働は1万人?日本人も100名以上)ゴルフのハンディキャップは毎週更新されています。
    月に一回の月例や年一回のチャンピオンシップ大会など、多くの催しがあります。
    下記のゴルフバーでは毎週3回のコンペ(月、水、金)が開催され、毎回20~40人の参加者がいるようです。参加希望者は下記サイトからオンライン予約ができます。参加料は500バーツ(賞金代、ミニバス交通費、プレー後の食事が含まれています)GFも団体予約で一般より格安になります。
    ハイシーズン(11月~3月)には世界中からゴルフ好きが集まってきます。
    残念ながら、バンコクにはパタヤのようなゴルフバーがありません。
    パタヤが「ゴルフ天国」と言われるのは、このように、世界からゴルフ好きが集合するゴルフバーの存在が大きいでしょう。
    http://thelinkshotelpattaya.com/golf-society/
  3. 上野 より:
    料金だけじゃないな
    タイのゴルフの良さは料金だけじゃない
    2000年と比べたら17年も経つ、諸物価も騰がっているんだからゴルフ料金だって騰がるはず
    どうも日本人は料金ばかりで良し悪いを判断してしまう