プミポン前国王の追悼式が無事に終わりました!

    




 13日、1782年に王位に就かれたチャクリ王朝の9代目君主で、ラマ9世とも呼ばれた
プミポン前国王の1周忌追悼式が行なわれました。タイは追悼ムード一色に包まれました。

公休日となった13日早朝、199人の僧侶が海軍施設から前国王が息を引き取ったシリラート
病院までの約1キロの道を歩く追悼行事が始まり、遺影などを手にした大勢の人たちが
集まって、黒服に身を包んだ沿道の市民らが僧侶に食べ物などを施しました。

 
 <シリラート病院での追悼式>

多くの市民や病院関係者が集まり、経を読んだり、黙祷(もくとう)を捧げるなどし、また
祭壇などには前国王のシンボルカラーだった黄色のマリーゴールドが供えられました。前国王が
死去された午後3時52分には、全土で国民が黙祷し 敬愛する「国父」の死を悼みました。

何度も言いますが、プミポン前国王は、国家元首として70年間にわたって国をおさめ、
国家的な危機の際には、自らが対立する勢力の間に立って仲裁を行うなど、国の安定の
要となってきましたが、ちょうど1年前、去年の10月13日に88歳で死去されました。

 

25日から29日まで国葬が営まれ、プミポン前国王は26日に火葬されます。前国王のシンボルカラーは
黄色で、今でも亡くなった前国王を偲び、バンコクの街は黄色いマリーゴールドの花で彩られています。
国をあげての葬儀に合わせて、マリーゴールド咲かせようという動きが広がっているといいますヨ。

市民のほとんどが「マリーゴールドを見ると心が静まる。でも とても寂しい気持ちにもなる」と言います。
日を追ってバンコク市内でも黄色い花が至る所に植えられ、商業施設では巨大な祭壇も作られています。
弔意を示すため、多くの市民が黒服を着用し 葬儀が終わるまで街は黒と黄色で彩られるでしょう。

 

葬儀は、今月25日から5日間の日程で執り行われ、日本からは秋篠宮ご夫妻が、各国の
要人らとともに参列する予定です。王宮の近くでは、高さ50メートルを超える塔の
ような火葬場もほぼ完成するなど、葬儀に向けた準備も ほぼ 終わるようです。

70年間にわたって国をおさめ、「国民の父」として敬愛を集めたプミポン前国王の後継者には、長男の
ワチラロンコン国王が去年12月に即位されています。この一周忌の法要では、遺体が安置されている

 

王宮で35人の僧侶が読経する中、後継者のワチラロンコン国王が花輪を供え、祈りを捧げました。
葬儀のあとに行なわれる戴冠式を経て、新たな体制でのタイ国が本格化することになります。

タイ王室庁によりますと、最終的には去年10月末から今月5日までに王宮を訪れた一般
弔問者は、およそ1,274万人にのぼったと発表しました。 葬儀は今月25日から29日に
かけて営まれ、遺体が火葬される26日は王宮周辺に25万人が集まると見込まれています。
 来週はタイ国の一大行事です。 何事もなく無事に終わることを祈ります ・・・   

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト