友人とのタイ ゴルフ旅行記、5日連続のラウンド!

    




 先週は日本から友人がゴルフをやりに来て、一緒に5連チャンのラウンドでした。

タイでゴルフをする時は、いつも歩くゴルフを奨励している私ですが、さすがに5連チャンとなると、
カートを活用させて貰いました。タイのゴルフは一部 カートを義務付けている所もありますが、歩いても
カートを利用しても、どちらでも良い、という選択肢ができるのもタイのゴルフの良さの一つでしょうネ。  

 

5日間 ラウンドしたゴルフ場は ・・・

ザ・ロイヤルゴルフ (朝 到着したのでスワンナプーム国際空港から一番近いコースを選択)
アルパインゴルフ  (友人は3回目のゴルフツアーで、まだアルパインはプレーしていない)
カンタラットGC  (ドンムアン空港の中にあり、通常 中々 味わえないコースのため)
ロイヤルレイクサイド(所属している丸山プロと同伴して頂いたため)
ムアンゲオゴルフ  (帰国が夜の便なので、空港から近いコースを選択)

 
 <ザ・ロイヤル ゴルフ>

カートを利用したこともあって、足腰は全然 問題ありませんでしたが、右肘を痛めてしまいました(苦笑)。
3日目のカンタラットGCでの3ホールを残し、大事を取って棄権しざるを得ませんでした。普段
歩いたり 多少のジョギングをしているからでしょう、足腰はまったく問題なかったのが嬉しいですネ。 

友人の清水宏悦はというと、今でも毎日 野球塾で小中学生に野球を教えている身ですから、5連チャン
どころか、10連チャンでもできるでしょう。 彼は海外や日本で名門コースを見てきていますが、
やはり、タイで 一番 素晴らしいコースと感激していたのはアルパイン ゴルフでしたネ。

 
 <アルパインで清水・田畑さんと>

同伴して頂いてお世話になったのが、ヤマト・タイランド社の田畑詳司社長でした。実は田畑さんの
次男のお子さんは、日本で清水の生徒さんなんですネ。その流れの中、清水がゴルフで来タイした折には、
一緒にゴルフを」という話が実現した次第です。 その辺の経緯は、4月の当ブログに 書いています。

正式名 アルパインゴルフ&スポーツクラブは、田畑さんが八つほど持っているメンバーコースの一つです。
が、清水はタイのゴルフ場では今までに、アヨタヤリンクス・ザ ロイヤルジェムス ゴルフシティ・タイ
カントリー・サイアム プランテーションなどラウンドしていますが、アルパインゴルフは まだでした。

 
 <アルパイン ゴルフ&スポーツクラブ>

同ゴルフ場は、米国を中心に世界中で数多くのコースを手がけてきて巨匠と言われるロナルド・M・ガール氏の
設計により1996年に開場しています。その後21年間に、タイでは多くのハイクラス コースが誕生しましたが、
戦略性があり、難易度の高いコースとして、日本人も含めて多くのプロゴルファーが好むゴルフ場の一つです。

 友人とのゴルフ旅行記、まだ続きますが 長くなりますので明日に ・・・   

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト