誰でも ”うっかりミス” って、あるんですねぇ~

     




 今やタイ流に言えば、日本のゴルフ界では “国民的英雄” となった松山英樹プロ(25)。
ですが、「ダンロップ・フェニックス」での優勝は、厳しくなりましたかネ。

第3日を2位からスタートしましたが、2ボギーの71でスコアを伸ばせず、通算8アンダーで6位に
後退です。昨年覇者でトップのブルックス・ケプカ選手(27)との差は8打となってしまいました。

 

本人は「ベストを尽くして、奇跡的に50台が出ればチャンスはあるかな」と強気です。 でも
「ダンロップ・フェニックス」は、今まで 相性が良いですからネ、アリエールかも知れませんヨ。

松山英樹プロは、アマチュア時代を含めて2011年から15年にかけて5年連続で出場していますが、
アマチュア時代には2度出場し、11年が43位タイ、12年が2位、プロ転向後は13年に6位タイ、
14年は優勝、15年は2位タイと、コースもトーナメントとしても、相当 相性が良いですからネ。

 

そう言えば、今年8月の世界選手権シリーズ「ブリヂストン招待」では、最終日に自己最少の61を
マークし、2打差をひっくり返し、2位に5打差をつける逆転劇を演じましたしネ。 最後まで
何が起こるか分かりませんヨ。 米国のメジャー初制覇に繋げるためにも、諦めてはいけません。

そんな接戦の中での昨日、ツアー通算11勝、45歳のベテラン宮本勝昌プロが遅刻とクラブ超過で
1ホールで4罰打を科せられてしまいました。ベテラン選手でも こんなこと、あるんですねぇ~

 

ゴルフブックのスタート時間の規則に ・・・
「プレーヤーが自分のスタート時間前5分以内にプレーできる状態で スタート地点に 到着
しなければならず、時間通りにスタートしなかったことに対する罰は、マッチプレーでは
最初のホールの負け、ストロークプレーでは最初のホールで2罰打とする。」 とあります。

宮本プロ、この日は降雨の影響によりスタート時間が、1時間遅れの11時40分にスタート
するはずが、時間を間違えて練習していたようです。クラブハウス前にいるところを運営
スタッフに発見され、約3分遅れでティグラウンドへ。 しかし万事休すでした。

 

クラブ超過に対して、ゴルフブックのクラブの選定と補充の規則に ・・・
「持ち運んでいたクラブの超過本数にかかわらず、ストロークプレーでは違反があった
各ホールに対し2打の罰打。(1ラウンドにつき最高4打まで)」 とあります。

宮本プロは1番でバッグの中にクラブが15本入っていることに気づき、スタートの10番で、遅刻と
合わせて計4打の罰が科された次第です。58位タイで予選突破していましたが、まさかの事態で、
この日は7つスコアを落とし、トータル 11オーバーで、最下位の65位になってしまいました。

 

女子ツアーでも先月、「マスターズゴルフレディース」で、葭場ルミ選手とアン・シネ選手が、
クラブ超過により罰打を科されていました。女子ツアーでは、初歩的なうっかりミスが多いよう。
 人のことを言えませんが、この「うっかりミス」には気をつけましょうネ ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト