タイもラッシュアワーに合わせ 痴漢行為が増えている?

     




 開業当初は赤字続きだったバンコクを走るスカイトレイン(BTS)・地下鉄も今や
黒字化し、その朝夕は会社員と学生の通勤通学ラッシュで、凄いことになっています。

それでも乗客は増え続け、乗り換えやBTSと地下鉄が交差する駅は、タイミングによっては
プラット ホームから車内に入ることができないほどの人・人でいっぱいです。

 

最初の頃は、日本の朝夕ラッシュのように “ぎゅうぎゅう詰め” で乗ることはありませんでしたが、
今では編成数が増えたにもかかわらず、東京並になって来ました。乗れなかった人で溢れています。

今年の6月頃からか? 通勤ラッシュで混雑するバンコクの地下鉄で、駅員が「車内の奥まで
詰めて下さい」「かばんを前にして乗車して下さい」なんて、注意バナーを掲げ始めています。

通勤・帰宅ラッシュ時のBTS・地下鉄は完全に収容能力を超えていますネ。混雑のピーク時に
やって来る電車は全て満員で、何回も見送ることも珍しくないと、タイの知人が嘆いていました。

 

そんな中、地下鉄では先月20日から、1車両に より多くの乗客が乗れるよう車両の中央部分の左側
7席と右側7席の14の座席を撤去しています。これについての各方面の意見は、「混雑の解消に
役立つ」という賛成意見がある一方、「車両を増やした方がよい」との意見も出ているといいます。

 
 <座席を撤去したのは真ん中の黄色の部分ですね、これだと2,000人も多く乗れたとか>

これからもラッシュアワー対策としていろいろな施策が講じられるんでしょうが、同時に
日本と同じような困った問題が増えているようです。 そう、痴漢の増大です、ってヨ。

つい最近も、バスに乗車し、前の席に座っている女性の体を触るなどの痴漢行為をした36歳の
男が逮捕されています。その男は8月から11月にかけて、20回以上の痴漢行為をしたことが
分っていますが、4月にも同様の行為で逮捕された前科もある常習犯のようです。

 

 実は、こんな調査が報告されています。

タマサート大学の公衆衛生学部が、定期的にバンコクで公共交通機関を利用している1,654人の
乗客を調査。結果、女性の回答者のほぼ半数が痴漢行為を受けていることが明らかになりました。

女性の45%が市の公共交通機関で性的嫌がらせを受けた、あるいは 痴漢をされたとの
交通機関の内訳は、バス 50%、バイクタクシー 11.4%、トゥクトゥク 10.9%、ソンテウ
9.8%。 残りの約20%がBTS または 地下鉄だそうです。

 
 <そのうちタイも女性専用車両が出てくるかも>

回答した女性のほとんどのが簡単に逃げることができないラッシュアワーの間に起きたそうです。
犠牲者の28%しか警察などに届をしていたようですが、残りは何もしなかったと回答しています。

バンコクでも痴漢が多くなっているんですネ。 女性は気をつけて下さいナ。 いや男性だって
他人ごとじゃないですよネ。 これだけ痴漢行為が増えているということは、日本と同じように
いつ冤罪に遭うかも分りませんもの。 常に両手を周囲に見えるようにしておく必要があるのかな。

  

こんなことを考えると、地下鉄の座席の撤去はしない方が良いのかも知れませんネ。
タイで、このようなことが 話題になるとは、思いもしませんでしたねぇ~

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト