また日本人がやらかした迷惑行為、困ったもんだ!

     




 まったく またバカな日本人が大馬鹿をやらかしましたねぇ~ 
中国人のマナー違反を云々言えない、どうしようもない恥ずかしい行為です。

9日の台北発バンコク行き中華航空(チャイナエアライン)CI 835便で 日本人3人が免税店で
買った酒を機内に持ち込んで、飲んで酔い、大声を発していました。そのボトルを没収すると、

 

バックから新たなボトルを取り出し、また 飲みだす始末。 その一人は酔って公然と
タバコを吸いだした、というからどうしようもありません。 やり放題だったといいます。

迷惑騒動を起こした、どころではありませんヨ、これは。同便に乗合わせた乗客の気持ちったら、どう
でしょう。台湾も親日国の一つです。私たちも申し訳ない気持ちいで一杯になります。40年前の農協の
団体を思い出します。 言うまでもなく同じ日本人として、こんな恥ずかしい行為はありませんよネ。

その為 同便は、航空の安全を考慮し 機長の判断で、台北に引き返す事態になってしまいました。
この影響で同便は4時間遅れで再出発したらしいですネ。大変な思いをした乗客は260名でした。

 

同便は日本を13:55発ですから、日本各地から午前発の便で台北に到着するお客と、バンコクへ
乗り継ぐお客だったと思いますので、日本人も けっこう 乗っていたのではないでしょうか。
こうなる前に、何とかならなかったのか、ちょっと残念です。

3人は福岡から台北経由で、バンコクに向かっていたようですので、おそらくタイへ来ても
何かしら問題を起こしていたかも。 機内から強制的に降ろされ取り調べを受けました。
当然ですネ。 こんな日本人は 台湾の刑務所にぶち込んでほしいところですけどねぇ~

 
 <取り調べを受ける3人と没収されたボトル(左上)>

台湾の民用航空法第119条2条によると「飛行機内のトイレ外で喫煙した者、アルコールや
薬物などの影響による迷惑行為をした者は、1万元以上5万元以下の罰金」とあります。

1元 約3.8円として38,000円~19万円の罰則だけで終わるんでしょう。4時間という時間泥棒にも
遭い、嫌な気分にさせられた乗客260人にも、同じ金額を支払わせるべきです。本当に腹が立ちます。

 
 <台湾で大きく報じられた新聞>

台湾の各紙には大きく報じられているようですが、こうした恥さらしの行為は日本でも もっと大きく
報道して、どれだけ人に大きな迷惑になるか、どれだけ世界に恥ずかしいことか 訴えてほしいですネ。 

数年前にタイのホアヒンで、若い会社の社員旅行のキャップファイヤーの打ち上げか何かで、
全員が素っ裸で騒いでいたことが、新聞沙汰になりました。 思い出したように 日本人も
こんな迷惑行為を仕出かします。 もう そろそろ、こんなことは卒業したいですねぇ~   

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
     



2 Responses so far.

  1. 邱泰漢 より:
    馬鹿野郎3人組の名前を公表せよ
    今回の騒動ですが、解せないのは、馬鹿野郎3人組を飛行機から降ろした後、翌日の飛行機バンコクへ旅立った、と言う情報です。
    台湾の豚箱に数日入れた後、罰金を支払ったら、日本へ強制送還かと想定していましたが・・・
    まさか、チャイナエアラインが台北からバンコクへ送り届けたんじゃないでしょうね?
    盗人に追い銭、みたいで何とも締まりがない決着に見えます。
    台湾当局、チャイナエアラインとも腰が引けてますね。
    馬鹿野郎3人組の1人は「薩摩」という姓で43歳とか?
    日本のマスコミは早急に、3人の氏名・年齢などを報道すべきですね?
    当然ながら、迷惑をかけた乗客260人へは1人1万円の迷惑料も3人に払わせるべきでしょう。
    この3人にはパスポートを取り上げて、永久に発行停止にすべきでしょうね。
  2. nagaichi より:
    邱泰漢さんへ
    コメント有難うございます。
    まったく同感ですね。