タイも 冬将軍? がやって来ている ・・・

     




 日本では冬将軍が到来し長引く停滞で、全国どこでも随分と寒いようですが、
タイもここ数日間、とても冷え込んできて この乾期で一番の寒さになっています。
中国からやってきた寒気団(冬将軍?)が、タイを覆っているようですヨ。

19日朝のバンコクの最低気温は15.5度ですからネ。バンコク西部の方では14.8度まで下がり、タイ東北
地方はさらに冷え込み、サコンナコン市では最低気温が7度までに。 チェンマイ県にあるタイ最高峰
ドイ・インタノン山(海抜2,565メートル)ではマイナス2度を記録して、霜までが降りたようです。

  

常夏の国に住むタイの人たちにとって、15℃は「かなり寒い」ようで、ここ数日はジャンバーや
セーターを着込んで通学・通勤している人を多数見かけます。 挨拶が「寒いねぇ~」ですからネ。

最近は私らも寒く感じますねぇ~  今の時期は 雨の心配も少なく、夜は過ごしやすい気温と
なる乾季。日中の気温は25℃を超えますから、日本人にとっては、とても凌ぎやすい気候です。

 

バンコクでは、この時期の期間限定イベントとして毎年盛り上がるビアガーデンがオープンしていますが、
ここ数日は冷え込むので、ビールが好きな私ですが、さすがに屋外で冷え冷えのビールを飲む気がしません。

バンコクに隣接するサムットプラカン県では、県内のムアン郡(県庁所在地)にある住宅地近くの
湖で多数の魚が浮いて死んでいるのが見つかったそうですが、どうやら気温低下による水温低下に
耐えられずに死んだとの見方が強いようです。 同県の最低気温も20度を下回っていました。

 

魚だから なんて、済ましていられませんヨ。この気温でタイでは凍死者が出ますからネ。
一昨日も数人、タイ各地で凍死者が出たようです。気温低下が原因で、11月~2月のタイ
北部や東北部中心に、全国で20人前後の死亡者が出るようですからネ。

飲酒によって体を温めて寝るため つい深酒をして、朝がた凍死に近い形で亡くなると聞きます。
「酒を飲んで寒さを 凌ぐより、上着を数枚 着込んだほうが良い」と笑えない警告が出されます。

バンコク市内でも行きかう人の多くは長袖を着用している人、ジャケットを着込んでいる人も
少なくありません。時折 日本から来た人に「タイは暑い国なのに、なぜ冬用のジャケットや

 

ジャンパーが売られているの?」なんて聞かれることがありますが、こういう日のために売られている
んですネ。 ユニクロなどへ行くと、所狭し と冬用の服が売られており、最初は違和感を覚えました。

年末年始に来タイされる方々、朝晩は冷え込みますから上着など持参すると良いですヨ。
 昼間は30度前後になりますので、朝昼晩の温度の変化にご注意下さいませ。  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト