女子プロはボールの初速をを大切にしている?

     




 永井花奈プロなんて 身長155センチの体重が55キロと、小柄な選手ですが、
ドライバーの飛距離は240ヤードを超えます ・・・ 昨日からの続きです。

体重があるからといって飛ばせるかというと、今の時代 そうとは言えませんネ。飛距離に
体重は余り関係ないようです。昨日 表記したベストテンで体重が70キロを超えているのは、
2位の川岸史果プロの75キロ(身長166センチ)だけですものネ。

 
 <川岸史果プロと永井花奈プロ>

ただ、身長に関しては、高いほうが高い位置からクラブを振り下ろせるのと、身長が高いと
基本的に腕も長いので、遠心力は増大するので有利と言われています。 か と言って、
ベストテンで身長が一番 高いのは渡邉彩香プロの172センチ(65キロ)ですからネ。

となると、女子プロの飛距離が出るようになったのは、近年 開発されたクラブやボールの進化も
一つの要因でしょうが、華奢な体でも飛距離が出るのは、下半身の強さと何でしょうねぇ~ ?

 
 <テレサ・ルー選手も 相当 鍛えているとか>

そう言えば、近年 女子プロもオフになると身体作りの厳しいトレーニングに時間を割く選手が
多くなりました。飛距離が出る強いスイング造りに欠かせないのが、主に下半身の筋肉量。特に
“ハムストリング“ と呼ばれる、太もも裏の筋肉が強いと飛距離に有利と言われていますからネ。

するとヘッドスピードも上がるのは当然でしょうが、ボールの初速も勢いが変わってきます。
レッスンプロは「同じヘッドスピードでも飛距離が大きく出る理由はボール初速の違いにある」
と言います。 ボール初速が「1」違うと、約7ヤード飛距離が変わるらしいですヨ。

 

その初速の出し方で大切なのが、インパクト時のフェースの向きだと言われています。多くの
アマチュアゴルファーは当たる瞬間にフェースが開いてしまいます。効率的に運動エネルギーが
ボールに伝わっていかないんですネ。このフェースの向きを上手に発揮しているのが女子プロです。

昨日の日本LPGAのデータによりますと、ヘッドスピード約40m/sの女子プロと男子アマチュアの
ボール初速を見ると、女子プロが59.73m/sに対して 男子アマチュアは56.40m/sだったそうです。

 

ボールの初速を上げる為には「インパクト時のフェースの向き」を正確にして、ミート率を最大まで
高める方が、飛距離が伸びる確実な方法のようです。私なんか 言われているけど 中々できませんが ・・・

我々 アマチュアはトップでもフェースは開き、インパクトでも開いたままのゴルファーが多いよう。
ヘッドスピードはある程度、ゴルファーの潜在能力でもありますので、インパクト時の違いがボール
初速に繋がり この初速が低い潜在能力をカバーしてくれるのかも知れません。

 

インパクト時のフェースの向きを真っ直ぐにすることに注意し、飛距離アップに繋げているのですネ。
飛距離が落ちたという方々、思い切り振らず、ゆっくり、ゆったりしたスイングで「インパクト時の
フェースの向き」に留意しましょう。 今まで以上に飛距離が伸びるかも知れません。 
 それには、スクワットなどで “ハムストリング“ を鍛えることも忘れずにネ ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト