ゴルファーなら コースと 大切に 付き合いたいな!

     




 タイのゴルフ関係者のゴルフ場に対する考え方も 随分と 変わってきましたヨ。

先日、とあるタイのゴルフ場スタッフと話す機会がありました。タイではどこのコースも土曜・
日曜は満員御礼になるケースが多くなっています。特に今の時期は呆れるばかりです(苦笑)。

この数年、タイ人ゴルファーが増えて、同コースでも多くの新ゴルファーが生まれていると … 
嬉しいことなんでしょうが、最近は特にグリーンで困ったことが起きていると嘆いていました。

 

それは近年、ゴルフを始めた仲間だけでゴルフをする傾向が強く、ゴルフのルールやマナーなど、
互い無知のまま、外で遊ぶ感覚でゴルフをしてゴルファーになった気でいるというのです。
「遊び仲間だけでプレーすることは構わないが、無謀な振る舞いも多い」と怒っていました。

常夏のコースのグリーンは、お客を詰め込んだ土日の後が最も弱っているらしいのですが、特に
グリーン上で困ったことが起きているんですって。 どうにかなることについては 放っておく
らしいですが、我慢ならないのは 知ってか知らずか、グリーンを荒らしてしまうことだそうです。

  

彼らたちに自覚がないので始末が悪いと憤慨しています。足をすってしまってスパイクマークが付く
どころではなく、つまずいたと思われるスマホぐらいの大きさのエグレが、残されている時もあるとか。

私も見たことがありますネ、以前にも当ブログで「気をつけよう」と書いたことがありました。
同伴した初心者の足がもつれて、グリーン上で転倒した時に、やはり大きくグリーンがえぐれて

しまったということがありました。その時は、必死になってボールマークを直す要領で
修復しましたが、その後、同じ場所を見てみたら、やはり ちょっと痛んでいました。

 

グリーンを保護するのはちょっとの気遣いだけで十分にできることばかりです。ゴルフを
愛する者はコースを、グリーンを 大切に扱いたいですよネ。そうだ! グリーンを傷める人を
”グリーン・ギャング” と呼ぶことに。そして 皆でグリーン・ギャングを退治しましょうヨ。

知り合いが知らずにグリーンを傷つけていれば、丁寧な言い方で「グリーンを傷めるので
注意して歩きましょう」くらいなことは言って行きましょう。タイ人のゴルファーにも ・・・

 

そして、グリーンフォークなどで、目の前でそのギャングの傷跡を修復して見せましょうか。
「グリーンは、みんなのものだし生きているのでね」 とか、笑顔で語ったりしましてネ。 

分かってもらえる人であれば、それだけでも十分に分かるはずです。 分かってもらえない
人には、馬の耳に念仏かも知れません。それでも、やり続けなければグリーン・ギャングの
撲滅はできません。 “見て見ぬフリは、同罪と思うべし。” これでいきたいですネ。
 彼の嘆きを聞いて「改めて私もグリーンを大切にしたい」という気持ちになりました。  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
     



2 Responses so far.

  1. まり より:
    はじめまして
    はじめまして、ゴルフ初心者です。
    しばらく海外旅行へ行っていないので、旅行したくてウズウズしてますが、ひとりでも楽しめそうな国タイで、ゴルフなんかもやりたくて、ゴルフ-タイで検索したら、こちらのブログに出会いました。
    まだ全て読めてませんが、ひとりゴルフをする場合に、予告は難しいですか?道具のレンタルはありますか?
  2. nagaichi より:
    まり さんへ
    お答えします ・・・
    タイのゴルフ場での一人ゴルフは、土曜日曜 及び タイの祝日は、混むためできないと思った方がいいですね。
    平日であれば、プレーできるゴルフ場は多いです。そしてレンタルも、問題ありません。
    バンコクなりパタヤなり どこでも、プレーするゴルフ場によって、事情は変わってきます。
    あらかじめ、どの辺でプレーするのか絞って来られた方が良いでしょう。