ホンダLPGAタイランドが開幕、誰が制覇する?

      



 「ホンダ LPGAタイランド」が開幕しました。速いもので 今年 12年目を迎えています。

2006年からスタートしていますが、当初は06年と07年は10月の開幕でした。 しかし、
この時期の気候は雨季で、雨天になるケースが多く、そのため雨天の心配のない2月に変更と
なった為、08年には実施されず、09年2月からの再スタート。 実質は11年目となります。

 

同大会は、昨年の米国女子ツアーの70位までの選手しか出場の資格はありませんので、多くの世界の
トッププロを真近で観ることのできる、もちろん タイで唯一の米国ビックトーナメントです。しかも
予選落ちのない4日間大会ですから、平日に来られないゴルフファンにとって楽しみな大会ですネ。

まだ初日を終わったばかりですが 混戦となった昨日、首位で終えたのは、レキシー・トンプソン
(米国)、モリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ミンジー・リー(豪州)、ジェシカ・コルダ(米国)ら
4人の選手でした。 モリヤ選手が 昨年から相変わらず、良い調子を保っているようです。

 
 <モリヤ・ジュタヌガーン選手>

何度か当ブログでも、モリヤ・ジュタヌガーン選手が成長していることを書いていますが、昨年は
予選落ちも少なく、多くの試合で上位に入り 安定感ある戦績を残し素晴らしい年にしました。

アリヤ・ジュタヌガーン選手より1歳年上のモリヤ選手は、昨年の賞金額もトータル約132万ドル
(約1億4,784円)を獲得。米国9位(世界ランク21位)で、初めて100万ドルプレーヤーに!
米国でアリヤが5位ですから、姉妹でベストテン入り なんて凄く、また 素晴らしいことでした。 

日本だった大変ですよネ。 昨年までは妹ばかりが目立ち、“妹の面倒をよく見る姉” と
いうイメージが強かったですが、モリヤ選手、昨年は 本当に強くなりました。モリヤ選手が
地元で初優勝!なんて したらタイ中 大騒ぎでしょうネ。 でも私は願っていますヨ(笑)。

 
 <歴代の優勝者>

そこで、昨年までの優勝者を振り返って見ると ・・・

06年 ハン・ヒウォン(韓国)        13年 インビー・パーク(韓国)
07年 スーザン・ペターセン(ノルウェー)  14年 アンナ・ノードクビスト(スウェーデン)
09年 ロレーナ・オチョア(メキシコ)    15年 エイミー・ヤン(韓国)
10年 宮里藍                 16年 レクシー・トンプソン(米国)
11年12年 ヤニ・ツェン(台湾)       17年 エイミー・ヤン(韓国)

でした ・・・ 11回で韓国勢が4回 優勝しています。ここにモリヤ、アリヤ選手に加わって
ほしいのは、私だけでなく タイのゴルフファンなら みんなが願っていることでしょうネ。

 

ところで、4人が出場する日本勢のトップは、4アンダーの「68」でプレーした成田美寿々プロで
11位タイにつけています。 昨日 彼女を応援すると言いましたが、スタートの10番から3連続
バーディを出した時は驚きました。彼女のサバサバしたプレーぶりは、男子っぽくて気持ち良いですネ。

 熱戦は続きますが、当ブログも長くなりますので明日に続きます ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト