タイのニックネーム、失礼にならない理由とは?

      



 タイ人は子供が生まれて直ぐに本名より先にニックネームを付けられることが普通です。
また、親友同士でもお互いの本名を知らないのが 当たり前のよう … 昨日からの続きです。

我々 日本人がイメージするニックネームとタイ人の “チュー(名前)レン(ふざける)=
ニックネーム” は、意味合いがかなり違います。 チューレン “ふざけた名前” でも一生もんです。

 
 <モーちゃんとメーちゃん>

さて、ちなみに、現在 活躍している主なタイ人プロのニックネーム、変更していなければ …
姉のモリヤ・ジュタヌ ーン選手は モー(モリヤのモ)
妹のアリヤ・ジュタヌガーン選手は メー(名前の響きか、母からか不明)
ポルナノン・ファトラム選手は ウェーン(指輪)

 
 <マークセン選手のマァーイはどんな意味が …>

男子では プラヤド・マークセン選手がマァーイ(果物)
トンチャイ・ジェイディー選手がチャーン(象)
キラデク・アフィバーンラト選手がアーム(腕、太いからか)

えっ! と思えるニックネームもあり、名詞、形容詞、動詞、何でもありなんですネ。

そもそも なぜニックネームが産まれてすぐに付けられるのか? 仏教から来ているようです。タイの
仏教では死後の世界や転生の考えがありますが、同時にタイ人は精霊や幽霊(おばけ)をとても恐れます。

 

昔の人たちは赤ん坊には、まだ自分を守る術がなく、お化けに本名を知られると、さらわれたり取り
憑かれたりすると、信じられていました。そのために子供の時に本来の姿を知られないようにと、ニック

ネームで呼び合うようにしていました。 特に可愛い子供が生まれると、悪霊にさらわれないように
人間ぽくないニックネームを付けたといいます。 古い時代のニックネームというのは ガイ(鶏)、
ムー(豚)、プー(蟹)、ダム(黒)のような動物や色など単純なニックネームが主流だったそうです。

 
 <昔は干支から取ったものが多かったとか> 

今ではナーム(水)、ダオ(星)、サパロット(パイナップル)、ジアブ(ひよこ)、カートゥーン
(アニメ・漫画)、フォン(雨)、モッド(アリ)、メオ(猫)等々の名詞から、ウアン(ぽっちゃり)、

ワーン(甘い)、レック(小さい)、ヤイ(大きい)、ノイ(少ない)、デーン(赤い)等々の
形容詞まで、何でもござれ という感じです。 でも余り素敵なニックネームを聞きませんネ。

こんな話を友人が ・・・ マイヤ(ギリシア神話またはローマ神話の女神)というニックネームを
使っていた女性がいたそうですが「おカメみたいな顔して何がマイヤだ、バカみたい」と陰口を叩かれて
いたとか。 こんなこともあるので、素敵なニックネームが少ないんだと話していました(笑)。

  
 <モデルのブンプラチョムさんのニックネームはヨーグルト>

でも 時代は変わり 外国人と接する機会が多くなる富裕層の家庭では、そのため洋風のニックネームを
つけている人が多くなっていると聞きます。 KEN(ケン)とかALEX(アレックス)とか ですネ。

ニックネームには、このような事情があるので、女の子にもムー(子豚)や男の子に
レック(小さい)というニックネームを付けられてもヘッチャラなんですネ。 
 私のチューレンを誰か付けてくれないかな? 誰だ! マオ(酔っ払い) なって言っているのは …  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト