今年のマスターズ、英樹にウッズに とても楽しみ!

      



 マスターズまで2週間を切りました。注目はもちろん、松山英樹プロですが、あと
腰のケガから復活したのでしょう、2015年以来出場のタイガー・ウッズ選手ですネ。

今月「バルスパー選手権」では首位と1打差の2位タイ。翌週の「アーノルド・パーマー招待」
では 5位タイと、2週連続でベスト5に入り 最高に近い状態でマスターズを迎えられます。

 

ツアー通算80勝、マスターズでは過去4回優勝しているウッズ選手ですが 近年は、私生活でも色々あり、
膝や腰を痛めて戦線離脱とリハビリを繰り返し「ウッズ時代の終焉」「世代交代」と言われ続けていました。

米国の世界のゴルフファンは、タイガー・ウッズというカリスマ的存在を失い、他のスポーツから
比べると、ゴルフ界は輝きを失っていました。それがタイミング良く、マスターズを前に復活です。

最後にグリーンジャケットに袖を通したのは2005年でした。2015年を最後にオーガスタ ナショナルGCの
舞台から遠ざかっていた元世界No.1選手は、心身ともに万全の状態でメジャー通算15勝目を狙っています。

 

こんな記事をサイトで見かけました。先の「アーノルド・パーマー招待」でのウッズ選手の
パッティング。9フィート(約2.7m)以内のパットが56回あり、全てが入ったといいます。
9フィート以内のパットをラウンド中、1回も外さない なんて、大変なプレーですよネ。

彼の全盛期に「ウッズの最大の武器はパット」だと言うゴルフ解説者もいました。 やはり、
復活できるかどうかの鍵の一つであるパットが、どうやら戦える状態になってきているようです。

 

元来 ウッズ選手は、速いグリーンのほうが好きといいます。速いベントグリーンのオーガスタで4度
勝っているのは、それが要因かも。でも いくら得意だったと言っても、読みに関してはブランクにより

錆びついていなければと願いますネ。 なにしろ3年前のヤーデージブックしか持っていないと
いいます。 それがどう変わっているのか、ウッズ選手のベントグリーンの攻略が見ものですネ。
 
 

2月に左手親指付近を痛めた松山プロですが、先週の「デル・マッチプレー」では、順調に
回復しているようです。 ただ “パットが入り切らなかった” とコメントしていましたネ。

やはり、パッティング次第でしょうか。 日本勢初のメジャー制覇への期待のかかる
松山英樹プロもマスターズでの優勝争いのポイントに「グリーン上」を挙げています。

 

そうそう、47歳のフィル・ミケルソン選手も3月初めの「WGC メキシコ選手権」でツアー通算
43勝目を挙げ、2013年の全英オープン以来、5シーズンぶりに復活しています。 優勝候補の

本命、ダスティン・ジョンソン選手もジャスティン・トーマス選手の活躍も楽しみです。
 宮里優作・池田勇太・小平智プロらもどれだけやれるか、今年も睡眠不足になりそうです。  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト