バックティからのプレーは上級者のみですよ!

       




 タイでのゴルフは、マナーやルールが緩くて初級者にプレーしやすいことも好かれる理由の一つ。 
だけど、こんなプレーヤーは困りますネ。私がゴルフ場のオーナーであったらお断りしたいなぁ~

最近、タイのゴルフ場でバックティからプレーしているタイ人・日本人を よく見かけます。
スクラッチプレーヤーは別として、日本では実力も資格もないのに迷惑をかえりみず、バック
ティでラウンドしている下手なゴルファーのことをBTB(バックティ バカ)と呼ぶんですってネ。

 

いずれも若いゴルファーが多いような気がします。ゴルフは選択のゲームですから楽しみ方は
十人十色。文句を言う気はありません。が、せめてシングルプレーヤーに限ってほしいですネ。

タイのゴル場ではどのティからラウンドするか、客の選択肢でプレーできる場合が多いんですが、
それだけに身の丈を知って選択してほしいなぁ~と、その光景を見るたびに思います。

日タイに限らず上級者でもないのに “バックティからじゃなければゴルフをした気にならない” なんて言う
ゴルファーもいるとか。プロと変わらないスクラッチプレーヤーなら、その発言は許されますが困ったもの。

 

日本人の場合は、日本のゴルフ場では上級者しかプレーさせない事情もあって、タイへ来るとバック
ティからやりたがるゴルファーが多いのでしょう。タイではゴルフ場も5人6人プレーを当たり前の

ようにさせているなど、スロープレー違反に気にかけないし、またゴルファーも気配りしません。
だからでしょうネ。時折 バックティから平気でプレーする若いタイ人ゴルファーを見かけます。

 

ティグランドはゴルフ場によって若干異なるけどが、一般的に下記のようになっているのは周知の通り。

赤(レディス)  : 女性、子ども
金(ゴールド)  : 高齢者(シニア)
白(フロント)  : 一般ゴルファー
青(レギュラー) : 上級者
黒(バック)   : クラブ競技(競技志向)

 

ゴルフ場によって「上級者」の定義は異なると思いますが、クラブハンディ “15” 以下を
上級者としているようです。黒のバックマークティは上級者以上やクラブ競技などで使用

されるため、一般人が使うことはほぼ無いのが普通です。ティグランドの位置によって難易度が
異なってくるのは当然ですが、日本ではバックティの使用はゴルフ場が判断しているのがほとんど。
タイではプレーヤーが決められるコースも結構 多いんです。それが困るんですよネ。

 

一般的にはゴルファーのハンディを基準にプレーさせるか 決めるものですが、それも同伴
プレーヤーすべてのハンディキャップを合算した数字で判断するケースが多いと聞きます。

一人でもハンディの多い者がいれば、来場者全員のプレー進行に支障を来たすようなことに
なってしまう。距離が長くなる分、プレー自体の難易度も増し 必然的に時間を要します。
ゴルフの力量に問題があれば、プレー進行においてゴルフ場全体に迷惑をかけてしまいます。

 

単なる飛ばし屋や腕自慢クラスであれば止めてほしいですネ。このようなゴルファーほど「距離が
長いからスコアが悪いのは当たり前だ」なんて言い訳をしています。このようなレベルであれば、
一生 バックティからやっても上達には結びつかないと思いますが どうでしょう?

 バックティでプレーするなら、そのコースの白ティをパープレーできる力量になってからか、
シングルプレーヤーになってから挑戦してほしいな。 BTBと呼ばれないようにネ ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
       



One Response so far.

  1. ポック より:
    シニアの方も!
    いつも楽しく読ませてもらってます。
    確かにタイ人の若い方やまれに日本人でもそううまくない方がバックから打つのをたまに見かけますね。でも彼ら結構飛ばすのでそこまで迷惑に感じたことはないですが、そうはいってもやはりそれなりの技術があってから打つべきだとは思います。
    一方気になるのはむしろ高齢者の方です。飛距離がおちているのに若い人と一緒にレギュラーから打っている方が多いです。1Wで200Y飛ばない方が2打目で200以上あるに2オンを狙って待っている・・・正直こちらの方が問題ではないでしょうか。力量にあったティーを選択すべきならシニアの方も当然シニアティーもしくはレディースから打ってほしいものです。若い人の意負けないとおもうからレギュラーで打つのもプロに負けないとおもってバックから打つのも自信過剰という点は一緒ですね。