女子ツアーに若手有望株が沢山いるけど、男子が …

       




 昨日の男女国内ツアーは対照的でしたネ。男子は初優勝を逃がし、女子は初優勝を遂げています。

男子の「中日クラウンズ」では秋吉翔太プロが、自身初の首位に立って最終日を迎えましたが、序盤で
大きくスコアを崩してしまいました。やっぱり、初の優勝争いのプレッシャーに押しつぶされたかな。

2番パー5のティショットが右のOBにつかまり、5オン2パットのダブルボギー。続く3番
パー4では、3打目をバンカーに入れ、約5メートルにオンするも3パットを叩いて連続
ダブルボギー。 優勝争いをしていて連続ダブルボギーでは、勝てっこありませんねぇ~

 
 <秋吉翔太プロ 残念でした>

ずぅ~とショットの調子が良かっただけに 残念でした。ここでの4ストロークの重みは消えることなく、
2バーディ・2ボギー・2ダブルボギーの「74」でトータル7アンダー・4位タイで終わりました。

27歳の秋吉翔太プロは鹿児島県の樟南高校時代の2008年、「国体少年男子個人」で松山英樹プロ
を抑えて優勝しています。 アマチュアの優勝は過去のものになってしまいますが、プロの優勝は

ずぅ~と残ります。今回は相当悔しいでしょうが、伝統ある大会にて最終組で回れたのは自信に
繋がったと思います。 こういう経験が必要なんでしょう。 次回に頑張ってほしいですネ。

 
 <アマチュア時代、何度もローアマを獲得している新垣比奈プロ>

それにひきかえ、 女子ツアーの「サイバーエージェント レディース」では、ルーキーの新垣
比菜プロ 19歳が1バーディー、3ボギーの74とスコアを落としながらも通算9アンダーで
逃げ切り、完全優勝で悲願のツアー初優勝を果たしました。期待通りの見事な初優勝でしたネ。

先週の永峰咲希プロの初優勝に続き、女子は次ぐから次へと若い新鋭プロが誕生しています。
同ツアーで3位に入った柏原明日架プロ 22歳だって、いつ優勝してもおかしくありません。

 
 <近いうちに勝つかな、柏原明日香プロ>

男子は先週、重永亜斗夢プロ 30歳の初優勝はありましたが、若い選手が出てきません。
この辺が男子ツアーより女子ツアーの方が、人気がある理由かも知れませんネ。 

新垣比奈プロが優勝決定の直後には、昨年プロテスト同期合格で “黄金世代” と呼ばれる勝みなみらが
涙を流しながら祝福していました。女子は有望な若手選手が、これでもかと 言われるくらい沢山います。

 
 <黄金世代が頼もしい>

でも永峰咲希プロも新垣比奈プロも、よく見る涙のシーンはありませんでした。勝って当たり前と
いう感じでしたネ。新垣比奈プロは、確か アマチュア時代から ずぅ~とお世話になっていた
ダイキン工業と契約したばかりでしょう。そして すぐ勝ってしまうなんてスター性を感じますネ。

沖縄の大先輩・宮里藍プロに憧れて8歳でゴルフを始めたといます。藍プロの引退の翌年に
飛び出した同郷の新星は、これからの女子プロを背負う選手の一人になるでしょうネ。
 韓国勢を押さえて、このような若く性格も良い、可愛い選手が出てくると嬉しくなります。   

 

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
       



2 Responses so far.

  1. 宮崎 より:
    日本のツアーは最終日がお粗末
    新垣比奈プロの初優勝は御目出度いとは思いますが・・・最終日は2オーバーという体たらくで、「見事な」優勝とは言えないところが、日本女子ツアーのレベルの低さが見て取れます。
    米国のツアーなら最終日にスコアを飛躍的に伸ばした選手が優勝と相場が決まってますが、日本ツアーの最終日はボギー合戦が定番であり、TV観戦しても面白くありません。
    日本では女子ツアーが人気だそうですが、理由がはっきりせず(世界に通用する選手がいないのに)プロアマ人気だけかと感じてしまいます。
    新垣比奈や勝みなみなど1998年生まれは、マスコミでは「黄金世代」と持て囃されているようですが、成績を見ると、どんぐりに背比べにしか見えません。
    唯一、1999年生まれの畑岡奈紗プロだけが世界に通用する素材ではないでしょうか?
    渡辺綾香など中堅クラスはどこへ行ってしまったんでしょうね?
    賞金女王の鈴木愛は昨日もそうですが、ミスをすると不貞腐れて、顔や態度にもろに出るので困ったものです。
    そんな中、個人的に期待するのが22歳の柏原明日香プロです。
    彼女は大器ですが、プロ入り翌年の2015年、片山津GC白山コースで開催された「日本女子オープン」(チョン・インジが優勝)で、16番ホールまで優勝街道を驀進していたのに、17番パー3(140Y)で8番アイアンを引っかけて左の池に入れ、痛恨のトリプルボギーを叩き、優勝を逃しました。
    もし、19歳で、このビッグタイトルを取っていたら、彼女は今頃、米国ツアーで活躍していたのでは?と想像してしまいます。
    https://www.youtube.com/watch?v=N56koCXBXFs
  2. nagaichi より:
    宮崎さんへ
    コメントとご意見を有難うございます。
    確かに宮崎さんのおしゃる通りですね。ただ新垣比奈プロが見事と書いたのは、19歳のルーキーですからね。
    と言うことは、仰る通り 他の中堅プロは何をしているか、ということにもなります。だから黄金世代が騒がれるんでしょう。
    鈴木愛プロは顔や態度にふて腐れるようですが、柏原明日香プロは心のふて腐れがあると聞きます。
    これが矯正できれば、近いうちに勝つでしょうね。
    私も待っているファンの一人です。