女子プロのようにゆっくり振ればいいのに!

       




 女子プロの試合を観てて いつも思います。あんな華奢な体で 腕力もないのにゆったり
としたスイングで、なぜ飛距離が出るのか? どうしてあのようにスイングできないのかと …

「できる限りヘッドスピードを上げないと遠くへ飛ばせない、速く振ることこそが
飛ばしにつながる」という概念が、頭の隅にあるんでしょうねぇ~

 

知人でシングル プレーヤーのK氏曰く「もちろんヘッドスピードは飛ばすうえで重要な
要素。ただし、腕だけで叩きにいくようなスイングでは、うまく当たってもボールの

回転数が増えすぎて、高く上がるだけの弾道になりやすい。安定感も欠くし、見た目のヘッド
スピードほど飛距離は出せない」と ・・・ 分かっちゃいるけど止められません(苦笑)。

友人のS氏もそうです。飛ばしで頭がいっぱいのゴルファーです。ラウンドに出れば人より1ヤード
でも遠くへ飛ばしたいと思っている彼は、ボールがまるで親の仇であるように力任せに叩きにいきます。

 

時折 凄いショットを見せますが、決してスコアアップに繋がっていません。ゴルフはスコアを競う
ゲーム。飛距離が出ることはアドバンテージになりますが、曲がってばかりでは話になりません。

でも、飛ばしたいとヘッドスピードを上げようとするゴルファーは多いですよネ。私も然り。
ドライバーショットを少しでも飛ばしたいというのはゴルファーの性分なんでしょうネ。

 

ですが、やはり最終的にスコアに直結するのはグリーン周りやパッティングでしょう。そんなこと、誰もが
頭では分っているでしょうが、ドライバーの飛距離というものは、違った不思議な魔力があるようです。
この魔力にアベレージクラスから上級者、プロまでが すべての層に、取りつかれているように思います。

以前、S氏がアドバイスしてくれました。「ここ一番で飛ばしたい時は、ヘッドスピードを忘れて、ゆったり
と振るように意識しろ」と。テークバックから普段以上にゆったりと上げる。始動時にヘッドだけを一瞬

 

その場に置き去りにするにするくらいの感覚でテークバックするのがいいと言います。確かにゆったりと
テークバックができれば十分に肩が入る。肩が入ったトップがつくれれば、おのずと体でクラブを振れます。

「体重が乗ったボール」が打てるわけですネ。こういうショットはボールの回転数もいいでしょう。
結局 よく飛んでくれます。逆にヘッドスピードが少し上がっているかも知れません。

 
 <ついつい力が入ってしまう>

誰でも あまり飛ばしを意識していない時に、思いの外飛んだという経験があるでしょう。それは飛ばそうと
すれば 手打ちになり、飛ばす意識がない時には体で振れた いいスイングになっているからなんでしょうネ。

“よし! これからはヘッドスピードを上げようとせず、ゆったりと体で振ることにするぞ”
 それが飛ばしのコツと肝に命じて、次回からラウンドしよう、っと! 今頃、遅い ってか!  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
       



4 Responses so far.

  1. タカ より:
    遅くないです
    今日の話題を読んで同士を見つけた気分です(笑)

    2週間前からスイングの根本から変えてます。
    グリップから初めて今は力みのない切り替えし。
    7番アイアンで155ヤード程飛びますがそのままのスイングで
    120ヤード飛ばす練習繰り返してます。
    少しづつ力みが消えてきましたがまだまだです。
    コースでも実践してますからスコアはボロボロですが
    時折出る気持ち良い球が心の支え(笑)
    力みのない流れるようなスイングを目指して精進します。
    お互いに頑張りましょうね

  2. 俊観 より:
    分かっちゃいるけど(^_-)
    頭では分かっちゃいるけど、ボールを見ると力が入ります。(^_-)
    それとユックリ振るのも難しい??
    兎に角連写して自分のものにしないと、いけませんですね(^O^)
  3. nagaichi より:
    タカさんへ
    タカさん、頑張っているんですねぇ~
    次回、訪タイ時のゴルフが楽しみです。
    私も元気が出てきました。また 打ち合いましょう!
  4. nagaichi より:
    俊観さんへ
    同感です、
    コメントを有難うございました。