こんなことがありました! 気をつけましょ!

       




 タイのATM(現金自動預払機)で、キャッシュ・クレジットカードの置き忘れに ご注意を!

先週、日本人名義のクレジットカードを使い、高級スマートフォンを買おうとしたタイ人の
男女が、バンコク都内のショッピングセンターで逮捕されています。二人は、スクムビット
通りのATMに 置き忘れてあったクレジットカードを持ち去り、買い物しようとしていました。

 

でも、これは滅多に無い珍しい逮捕ケースですヨ。財布や同カードなど紛失してしまうと戻る
ことは稀ですからネ。今回は、男女のどちらか一方がサインしたところ、カードのものと

異なっていたため、店員が機転を効かせ警備員に連絡。警備会社から通報を受けた警官が現場で
男女を逮捕したという次第。 よくその店員は気づき、機敏な行動でした。 あっぱれです!
そのクレジットカードは翌日、所有者の日本人男性に返還されたとこのと、良かったです!

 

なぜに日本人はよく置き忘れるのか、当ブログでも時折 注意させて貰っていますが、タイのATMで現金を
引き出す際、多くのATMでは、現金が出てきてからカードが出てくるため、現金を取った時点で終了した

ものとして勘違いし、カードを取り忘れてその場を離れてしまうんですネ。日本では、カードが先に
出て来て カードを抜かないと現金のフタが開きません。それでつい、そうなってしまうんでしょう。

こう言っている私も置き忘れたことがありますし、置き忘れたカードを届けたこともあります。
ということは、きっと頻繁にアチコチで起きている事例なんでしょうネ、ご注意を! ましてや
キャッシュカードですと、今はラビット機能付きが多いですから買物をされる可能性大ですよネ。

 

私が置き忘れたカードを届けた場所は、日系のフジスーパー正面に設置されていたATMでした。
同スーパーには店内に受付カウンターがあり、そこへ届けました。 以前はの二つのATMが
ありましたが、今は一つしかありません。

きっと忘れたカードの問い合わせや引き込まれたカードのクレームなどが、多かったのでしょうネ。
近年は “銀行へ問い合わせするよう” 張り紙が貼ってあり、現在は一つのATMしかありません。 
一つのATMは、クレームが多かったのかも知れません。 受付の店員さんも困るでしょうしネ。

 

このように受付のあるスーパー、或いはコンビニエンスでも然り、ATMに関してのトラブルなど
一切受け付けません。 何度か言いましたが、ATMを使用する際は、銀行窓口がある場所での
ATMを使用するようにして下さいな。 トラブルが生じれば、すぐに銀行員に言えますからネ。

また万が一紛失した際は、すぐにカード会社に連絡をしてカードを止めて貰うことは絶対です!
 日本の皆さんも、タイでATM利用の際はキャッシュカードの取り忘れに ご注意を ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト