ドリアンの熟し度を見分ける方法に 大発明が ・・・

       




 果物の王様、キング オブ フルーツ「ドリアン」の美味しいシーズン真っ最中ですネ、今は ・・・

ドリアンの旬はこれから7月くらいまでが最も美味しい時期でしょうか。どの市場にもドリアンが
山のように積まれ、街のあちこちでドリアンを積んだトラックまでもが移動販売をしています。

 

「フルーツの王様」と呼ばれるドリアン。昔、王様が精力増強のために食べていたことが
その呼び名の由来らしいですヨ。ちなみに、フルーツの女王はマンゴスチンですが、こちらは、
19世紀、イギリスのビクトリア女王が大変 気に入っていたことが由来だそうです。

さて ドリアンはタイの人たちが大好きな果物ですが、その臭いが強烈で○○○に似ている
なんて言われて、美味しいのに食べず嫌いな日本人の方も多いようです。確かに ホテルや

空港などで持ち込みは禁止されています。まだ食べたことが無い人は、スーパーなどで小さく
パック詰めしたものが売られていますので 来タイの際は、一度食べてみては いかがでしょう。

 
 <アリババグループのECサイト「天猫(Tmall)」のドリアン>

中国人観光客も大好きで、よく果物屋の前で行列を作っている光景を見かけます。本土に居る
人達にもタイのドリアンは有名で、中国のオンラインストア「アリババ」に出店してドリアンを
販売したら、なんと1分で8万個も売れてしまった、なんてニュースも話題になりました。

このことがあって、最近のドリアンの価格が高騰しているとも言われています。 ただでさえ
安くないドリアンが、これ以上値上がりしてしまったら、気軽に食べられなくなってしまいます。

 

そんな諸事情だからこの時期、熟していないドリアンを出荷する農家もあり、それを取り締まる
ようタイの農林省は、各自治体に通告を出しています。これに違反すると、3年の禁固刑 及び
最高6万バーツ(約20万円)の罰金を科せられるそうです。 これぞ果実の王様ですネ(苦笑)。

かと言って、大好きなタイ人でもドリアンが熟しているかどうか、外からでは全く分かりませんよネ。
販売している店主でも、熟したかを見分けるには、叩いて中の音を聞くくらいしか方法がありません。

他の果物なら、誰でも外側を押せば柔らかさがある程度分かりますが、ドリアンは皮も
厚いし、その上 大きなトゲが付いていて、その判断は なかなか難しいのが事実です。

 

そのため熟しているかを判断するため、皮の一部を剥いて、お客も果肉の硬さをチェックできるようにして
いるのが現実です。そんな中、先週 熟したドリアンを見分けるペンを大学生が発明して話題となっていました。

タイ中部に位置するプラチュワップキーリーカン県(略してプラチュワップと呼ばれ、ミャンマーとの国境を
有する県)の3人の大学生が「熟したドリアンを100% 確実に見分けるペン」を発明したというのです。

 

バン サパン(Bang Saphan) 工業大学で学ぶメティ君ら3人は3か月をかけて、このペンを
開発したそうです。ペンには長い針が付いていて、これをドリアンの皮の中に突き刺し、中の

果肉の抵抗力を図ります。もしペンが緑色になればドリアンは熟した状態、黄色になれば半分
熟した状態、赤色なら熟していないと判明すんだとか。 このペンは同県庁で 発明賞 を
受賞していますから ホントの話でしょうねぇ~

 

 よくタイ人は、“高い金出して買ったドリアンが、熟してなかった” なって、愚痴を
時折 聞きますが、そんな問題も解決です。この発明はドリアンを売る側にも買う側にも
嬉しいこと。 この3人の学生さん、大金持ちになるやも知れませんヨ ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト