今年もゴルフ フェスティバルは行なわれている!

      



 

 
 「今年はパタヤで行なわれていたゴルフフェスティバルは、やっていないの?」という質問を
いくつか 頂いています。 そう言えば 今年は、まだ紹介していませんが行なわれていますネ。

毎年 恒例 となった「チョンブリ・パタヤ ゴルフ フェスティバル」は、6月2日からスタートしています。
シンハ コーポレーションが中心スポンサーとなり、チョンブリにある18のゴルフ場が共催、約4カ月間に

 

わたる大きなコンペです。今年で11 回目を数え、4年前からスポンサーの冠を表面に出し、
「シンハ・アメージング タイランドパタヤ ゴルフフェスティバル 2018」と謳っています。

今年も6月から9月の第一土曜に18のゴルフ場で4回の予選会(6月2日、7月7日、8月4日、
9月1日)が行なわれています。決勝大会は、9月17日にセントアンドリュース2000GCと
イースタン スター リゾートで開催されます。予選会はあと1回だけになってしまいました。
<ゴルフ場は昨年より二つ増え18会場になりました>

 
 <セントアンドリュース2000GC>

毎回(1回毎の各ゴルフ場の予選参加者枠数は40名)各ゴルフ場の予選大会でグロスと
ネットの勝者が各1名、ラッキードローの当選者が2名選出され、9月17日の決勝大会には
288名(18会場×4大会×4名=288名)が進む決勝大会となります。

最初の頃は、パタヤに住む欧米人だけの参加でしたが、今では 参加者の枠が40名になるほど、
年々盛大になっています。バンコクからの参加者も増え また日タイのゴルファーも多くなって
います。「ラッキードロー当選者2名」という枠があることが、参加者が多くしているようです。

 
 <サイアムCCのプランテーション>

参加費は各ゴルフ場によって変わり1,200バーツから2,000バーツ。サイアムCCのプランテーションと
ウォーターサイドは2,000バーツとなります。参加費にはグリーンフィと食事代が含まれますが、決勝大会へ

進めるとプレー代やパーティの飲食代など、すべてフリーで、100万バーツ相当の豪華な景品なども用意され、
優勝者には「サンティブリ チェンライゴルフ」へ招待や18のゴルフ場でのフリーパスが贈呈されます。 

日本からのゴルファーも参加OKです。クラブタイランドの予約センターで予約を代行してくれます。 
問い合わせと予約は ? Tel. 083-985-8973 or Mail. mail@thailandcard.com 神戸(かんべ)氏まで

 
 <イースタン スター リゾート>

<会場となる16のゴルフ場>
ブラハGC、イースタン スター リゾート、グリーンウッドGC、カオキオCC、エメラルドGC、
レムチャバンCC、パタナGC、フェニックスGC、プレザントバレー、プルタルアン ネイビーGC、
ラヨン グリーンバレー、サイアム プランテーション/ウォーターサイド、ロイヤルヒルズ、
ワンチャン ゴルフパーク、パタビアCC、カリンブリ スポーツクラブ、チャトリウム ゴルフ。

<競技方法>
1)18ホールのストロークプレー競技(各会場1名の優勝者)。

2)36システムのハンディキャップによるネットスコアの競技(各会場1名の優勝者)。
  36システムとは、パー、バーディ、イーグル以上は2点、ボギーは1点、それ以外は0点として
  スコアを点数に変えて、36から引いた数をその人のハンディキャップとして順位を決めます。

3)1)と2)に入れなかった人がラッキードローによる選考となります(各会場2名の選考)。

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト