女子オープンの応援観戦に行ってきました!

      



 

 
 女子ゴルフの日本一を決める「第51回日本女子オープン選手権」の応援観戦に行ってきました。

久しぶりの秋晴れに、平日にも拘わらず多くの人、人でした。特にギャラリーを集めていたのが、
4連覇した樋口久子プロ以来、48年ぶり2人目の3連覇を狙う19歳の畑岡奈紗プロでしたネ。

 

当然ですネ。米国ツアー参戦2年目となった今季、6月の「アーカンソー選手権」で日本勢最年少
となる米ツアー初優勝を達成し、7月の「全米女子プロ選手権」ではプレーオフの末、残念ながら

2位に。6月の「全米女子オープン」10位を含め、米国メジャー2大会でトップ10入りを
果たしていますからネ。 米国賞金ランクは6位、世界ランクも17位と、今年は大活躍です。

昨日は7バーディー、1ボギーでベストスコア66の猛チャージを出して、付いたギャラリーを大喜び
させました。通算7アンダーで、17位から首位と2打差の2位に浮上です。決勝ラウンドが楽しみです。

 

応援観戦に行ったのはタイのO・サタヤ選手でしたが、残念ながら 今回は予選を通りませんでした。
今季も残すところ7試合となりましたが、現在のランキングは75位(約840万円)です。 現在の

女子ツアーは、試合数と賞金金額も上がり、そのうえレベルアップしていますからシード権を
ゲット(50位以内)するには、最低2,500万円を確保しなければ安全圏とは言えないでしょう。

昨年のように一回優勝すれば、すぐ追いつきますが、そんなに甘いものではありませんからねぇ~
あとの7試合で たえず上位に入るよう頑張ってほしいですネ。昨日はマネージャー 兼 キャディの
永井眞珠(まこと)さんが付いていませんでした。 体調を壊しているのか、少し気になります。

 
 <甲田良美プロ(右)と藤本麻子プロ>

そして もう一人、急遽 応援したのが、甲田良美プロです。彼女は2010年、レギュラーツアーの
「リゾートトラスト レディス」で初優勝した翌年、タイでゴルフ合宿をしていた時に、コンペで

一緒になり、いろいろと話を聞いたことがあります。今ではシーズンオフになると、多くの女子
プロがタイへゴルフ合宿に来るようになりましたが、その頃 女子プロは珍しかったんですヨ。

 
 <下村真由美プロ(右)と>

彼女の高校時代は強豪校(白鴎大学足利高)で、ソフトボールをやっていましたが、18歳に
なってからクラブを握ったという遅咲きプロです。が、2009年に大江香織プロや藤本麻子プロと
共にプロテストに合格し、同期の中では一番早くレギュラーツアーで優勝を飾っていましたネ。

 
 <甲田プロ、頑張っていました> 

その甲田良美プロが35歳になってママさんゴルファーになっていました。元世界ランク1位や
日本ツアーで賞金女王を争うトップ選手に混じり、母として試合に臨むのは、出場120名中

唯一のママさんゴルファーです。今回は予選通過はできませんでしたが、この「日本女子
オープン選手権」に出場した過程が凄いんです。 誰でも応援したくなりますヨ。 

 長くなりますので明日に続きます ・・・ {/hand_iine/} {/dogeza/} 

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト