タイ人女性?が世界一位の優勝!





ニューハーフの美人世界一を決めるコンテスト“ミス・インターナショナル・クイーン2007”がパタヤの
ニューハーフキャバレー「ティファニー」で行なわれ、先のミス・ティファニー・ユニバース(タイランド)で
優勝したタンヤラットさん(21歳でバンコクのカセサート大学在学中)が見事、世界一に輝きました。<11月10日>

参加国も世界から24カ国と増え、徐々に認知度もアップしているようで、日本からも“月島紅さん、はるな愛さん、
シマ・シャイナさん”の三人が出場し、それぞれのパフォーマンスを披露。特に月島紅さんは花魁風の衣装で
注目を浴び、ベスト・ナショナル・コスチューム賞を受賞。尚 二位にはブラジルのアリーカさん、三位には
フィリピンのシャネルさんが選ばれたとの事です。

人口の一割近くが同性愛者と言われるタイでは、男女同権とともに同性愛者も市民権を得ている世界有数の国です。

つい先日には、バンコクの大手ホテルのディスコで、「ホテルの方針で男性性転換者はお断りしている」として、
Sさんの入店を拒んだところ、Sさんは“差別だ”と社会に訴え社会問題にも発展し、ホテル側は記者会見まで
開いて、Sさんに謝罪したというニュースが話題となったばかりでした。

今度は、同性愛者のタイ人男性が、米国の保険会社最大手AIAに生命保険への加入を断られたのは人種や性別に
おける差別を禁止した憲法に違反するとして、対応次第では訴訟をする、しないとニュースになっています。

また 12月23日の選挙も控え、各党とも選挙戦の真っ最中ですが、人口の一割近くもいる同性愛者の一票を
獲得しようと、ある党では、彼女達?が多く滞在するパタヤなどで集会を持ち始めているそうで、更に同性愛者の
人権が確立されて来ています。

お隣のマレーシア、シンガポールでは、同性愛行為は違法となりますので、大変な違いです。

今回三位になったフィリピンのシャネルさん・日本の月島紅さん達は“タイではニューハーフは自由で、ホテルや
病院とかでも働いている。こんなにも環境が違うなんて!フィリピンでも日本でも、もっと皆に知って
もらい、私達の国でもこういうコンテストのようなイベントをやりたい”とバンコク週報にコメントしています。

ホント 各国から羨ましがられるタイのオカマさん達です。

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト




4 Responses so far.

  1. タカ より:
    自由は素晴らしいですね
    タイが東南アジアにおいていかに自由かが判ります。
    人権はいまいち守られていない気がしますが
    息を抜ける部分があるタイはやはり魅了的だと思います。
  2. nagaichi より:
    自由な空間
    ワタクシらが、タイで生活するうえで居心地が良いのは、自由な空間が良いのでしょうネ。
    特にサラリーマンを解放された後に、来ると尚更に思います。
  3. sam より:
    オカマちゃん

    素晴らしいですね、
    何かと考え方がアングローバルなタイにおいてニューハーフの人権が認められていると言うこと、
    私はタイへはじめて行ったときに女性だとすっかり信じていました、そっちのほうはごめんですがとても可愛くって
    いくと必ずミスターレデイを尋ねます。 
  4. nagaichi より:
    そうですか。
    それは、それは・・・

    でもお気をつけ下さいませ。