今後が心配、タイの情勢!





  
 昨日は、キアタニ(Kiarti Thanee)CC で、毎月木曜日定例のキアタニ・コンペに参戦してきました。

 メンバーであるTさんのお誘いです。ところが、いつもは150名~160名集まるタイ人が昨日に限っては
50名ほどしか来ていません。どうしてだろう? と思案していたTさん、「そうか、タクシンの裁判だ」 と…

昨日の26日は、蓄財容疑で凍結されたタクシン元首相の資産約760億バーツ(約2,100億円)の没収を
めぐるタイ最高裁の判決が下る日でした・・・ ここの所 同ニュースが頻繁には流れていましたが、
こんな処にも影響が出るんですねぇ~ タイ国内で同裁判の注目度を改めて実感した次第です・・・

   
       <キアタニ・カントリークラブ>

 さて、その判決の結果ですが、最高裁判所はタクシン氏が首相在任中に職権を乱用し、自身が関係する
企業に利益を誘導し、国家に損失をもたらしたと判断、首相就任前の資産約302億バーツ(約845.6億円)を
除外した総額約460億バーツ(約1,288億円) 及び 金利額の国庫没収を命じる判決を下しました。

 それにしても えらい額です! ワタシなんぞは、数億円もあれば十分ですがネ(笑) 「タイ人の金持ちは
持っている額が半端じゃない」 なんて声を耳にしますが 本当ですネ… 首相就任前 既に302億バーツも
蓄えていたなんて、いくらタクシン氏がやり手のビジネスマンだっと聞いても、信じられない資産です。

 
<タクシン氏は?>

 訴えられている5件について、利益誘導を意図した職権乱用行為があったと、認定されたタクシン氏は
「今回の判決は、子供じみた司法制度下で下された、政治の残酷性を象徴する判決である」 と指摘し、
「二度と このような判決を出さない為にも民主主義の成熟が必要である」 とコメントしています・・・

 判決次第では、タイ全国で大規模な抗議集会を開く、としているタクシン派の赤服軍団に対して、
「絶対王制型官僚主義者に生き残りの機会を与えない為にも、平和的手段を持って民主主義を
勝ち取るまで諦めずに闘い続けて欲しい」 と訴えました。 さて、彼らの落とし所は・・・ 

  
  <今後が気になる?>

第三者として見守る一般のタイ人と、我々外国人は、タクシン派がどう出るか? その後の言動が
気になります。 最高裁判決が近づくに連れて緊張が高まり、日本も含めて米国、英国、豪州などが
自国民に注意を呼びかけていましたので、我々 どうしても身を構えてしまいます。

 昨日の夕方過ぎ、日本大使館からも緊急なお知らせとして、下記の主な内容でメールが配信されました。

 「タクシン派の反独裁民主戦線(UDD)等による集会が、アピシット政権の退陣・国会解散等を求め、
3月12日(金)から地方各地で集会を行い、その後、バンコク都に集結し、14日(日)から王宮前広場
及び首相府付近において、大規模集会を行う旨の発表があったので、今後十分な注意が必要」 と・・・

 現状においてはバンコク市内、なんとも無く平穏ですが、念の為 治安情勢に関して
注意を払う必要がありますヨ。   

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト