タイで生卵が食べられる!





  
 今のバンコク市では、日本料理・日本食材で殆んど食べられない物は無くなりました、何でもあり、です。

ただ ワタクシの食習慣で、食べられないことが一つだけあります。 いやタイでは食べない方がいいと
言われているから 食べないようにしているのかも… それは “生卵のかけご飯” です!(恥)

我が家では小学生の頃から 運動会の日など 卵の一部を割って醤油を垂らして、飲みこんで飛び出して
行った慣習もありました、っけ。 そんな幼少時代のなごりもあってか、生卵が大好きで 日本にいる時には 
今でも 生卵をかけご飯にしたり、生で飲んだりています。(笑)

 
<醤油を垂らして…>

バンコク市内で 日本食専門に食材を売っているフジスーパーには、食べられる生卵も売っていると
聞いていますが、「タイ地元の卵には菌や寄生虫などが付いていることがある」 ので、怖くて生では
食べられないと、聞いたこともトラウマとなって、タイでは 今まで生で卵を食べたことがありません。 

 そんな中、ワタシにとって嬉しいニュースが飛び込んで来ました!

なんでも、タイの食品大手でもあるベタグロ社が、「生食用卵」 の開発に成功し、ひとまず 一日あたり
5万個程度の生食用卵を出荷する予定だ、と言うのです。 (嬉) 勿論 日本人向けですが、この8月から
スタートするようですヨ・・・ (同社の一日あたり鶏卵出荷量は、約150万個にのぼるそうです)

これでフジスーパーにも出荷されるでしょう、バンコクにいても生卵が食べられます!

 
      <さっそく フジスーパーへ行こう、っと!>

この生食用卵は、バイオセキュリティが徹底した鶏卵農家限定でつくられ、発送前には卵の完全洗浄の他
殻にヒビがないか、黄身や白身に血の塊がないかの チェックなどが行なわれ、更に 配送は8度以上の
低温状態で運び、取り扱い店にも厳しい品質管理を要求するんだそうです。 これは安心ですよネ…

 ベタグロ社、と云うと バンコク市内だけでも18店舗を展開している大戸屋の合弁パートナーでもある
養鶏・養豚・飼料の大手ですが、同社幹部は 「生食用卵の市場は小さいが、5万人以上といわれる

  
     <タイではすっかり有名になった大戸屋!>
 
在タイ日本人や高級ホテル、一部飲食店などの需要を見込んでいる。 衛生的な卵を生産すれば高級品を
好む層にも受け入れらるはず」 とコメントしていました。 ごもっとも、同感です! ワタシの知人なんかは、
友人に頼まれて、わざわざ日本から生卵を持って帰ったことがあるぐらいですから・・・

 でも こんな説明をしてもタイ人は、きっと食しませんヨ… 

 
<栄養もあるんだけど…>

世界的にも 生卵を食べる国は少ないですが、タイ人も生卵を食するのは かなりの抵抗感があります。 
「こんな物食べたら戻してしまう… 化け物の食べ物だ」 等々、散々な表現をして生卵を嫌います。
ベトナムで有名な “孵化しかけている卵” を 好きなタイ人さえも、生卵を食べるのを気味悪がります。

そう云えば、タイ人は目玉焼きにも、完全に火を通して焼けているかチェックしますモンね。
 ワタクシ タイ人に気味悪がれようが ”生卵” 食べまっせ”!!  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト




3 Responses so far.

  1. k より:
    生卵
    生卵は安くて喜ばれるお土産でしたが、これでは希少価値がなくなりますね。
    1個おいくらなんでしょうか?
  2. prius より:
    7~9バーツのようです。
    ベタグロ社の生食用卵は7~9バーツの予定だそうです。(20~25円)

    タイでは、卵が1個2.5B~5B(7~14円)、大きさなどで違います。
    日本での価格とあまり差がありません。
    (ブランド卵は別として)

    BTSプロンポーン駅近くにある日本人御用達の「FUJIスーパー」には、「健康たまご」というブランドの卵があって、6個50Bです。生で食べたい人は買ってます。
    日本から輸入の卵もあります。6個で200~300Bですから、1個30~50B。「千葉産 生で食べられます」と書いてあります。

    卵の食中毒と言えば、サルモネラ菌です。卵の殻に菌が付着しています。割れた殻や、殻にスジが入った卵は要注意です。必ず加熱が必要です。加熱で菌は死滅します。
    サルモネラ菌による食中毒は、高熱、腹痛、下痢など激しい症状になるようです。

    在タイ時は、納豆に生卵(スーパーで購入した10個45Bの普通の卵)を入れて食していますが、今のところ、食中毒の経験はありません。
    スーパーの卵のケースには、販売開始日と賞味期限日の双方が記載されていますので、販売開始日が当日の分を購入しています。

  3. prius さんへ より:
    nagaichi
    ワタクシに代わって、ご回答有難うございました。
    タイに入ったら、ベタグロ社の生食用卵が楽しみです!