タイの人の優しさ、嬉しいねぇ~





  
 東日本大震災による死者が 昨日の午後8時現在で、1万1,938人、警察に届け出のあった行方不明者は
青森、茨城、千葉を 含む6県で1万5,478人、避難所にいる人は約16万6千人だそうです・・・

何ということでしょう、言葉もありません。 私の従兄の長男も 今だ 見つからず、従兄弟たちが仙台市の
安置所を 廻って捜しているそうです。 ただ ただ タイの空の下で、奇跡を 祈る 毎日です・・・

タイでは、タイの人達も毎日のように、アチコチで義援金の募金活動が行なわれており、有り難い気持ちで
一杯ですよネ。 それが このような人達までにも、日本を 助けて貰っています。 これは、日本の

 
 <千羽鶴なんて、日本人の心を知ってますねぇ~>

皆さんにも 是非 知ってほしいと思い、今日は そのことをブログにしますネ。 「シャンティ国際
ボランティア」 の八木沢克昌さんが、バンコク週報に報告していました。 ここからの記事です。

まずは、スラム街の人達からの募金活動です。

最初に募金活動が行なわれたのは3月20日午後だそうです。 約10万人が住むバンコク最大のスラム、
クロントイで 人一人が ようやくすれ違うことの出来るほどの狭い裏路地で、スラム住民や子供達が

募金活動を してくれたそうです。 また 災害で亡くなった人数分の千羽鶴を 作って、追悼し 復興を
祈ってもくれました。 会場では、住民から集めた衣類などがバザーとしても売られたようです。

 
<タイの人達は本当に祈ってくれて…>

この日集まった募金は、33万6,600バーツ (約93万円) ですって!  こんなこと言って、いいか? 
募金を してくれた人達の殆んどが、日雇いによる日当が一日250バーツ (約700円) 前後の収入しか無い

スラムの住民の人達です。 「今、日本人に恩を 返す時!」 「今の生活があるのは日本人のこれまでの
支援のお陰!」 「困った時が真の友!」 「小さな金額だけど心は大きい!」 と… 泣けてきますねぇ~

 
    <小さな体だけど、心は優しいよ…> 

これにはプラティープ財団 (クロンロイ・スラムで30年以上、教育支援や地域改善事業活動してきた) の
協力もあったようですが、 また タイは仏教国で、タンブン (徳を積む) の習慣と文化があるから、
とは言え スラムの人々の助け合いの精神には、感動もしますし 感謝の気持ちに堪えません!

私なんか、額を 気にしてしまいます、当たり前でしょうが、金額の大小の問題では無いですネ。 
今回の寄付や募金活動では、ホント 好意と真心、そして 友情という言葉が 身に沁みます! 

 そして もう一つは、お隣の国ラオスからの募金や寄付です。 
 長くなりますので明日に続きますネ。  

strong>「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト




2 Responses so far.

  1. タカ より:
    言葉にするのは簡単ですが
    スラム!
    言葉としてはたった3文字の簡単な言葉です。
    しかし、本当のスラムを日本人は知りえません。
    勿論私も上滑りな底の浅い知識と見聞しかありません。
    そんな私でも、タイのスラムの貧しさを、一般の日本人よりは理解しているつもりです。

    スラム街の方々の募金活動!!
    最初にこの報道をネットで見た時に、こみ上げてくる感情を抑えられませんでした。
    ありがたい、本当にありがたいm(__)m

  2. タカ さんへ より:
    nagaichi
    毎日の生活で、精一杯の人達からの募金活動もあるという事を知ってほしいですね。
    日本でしたら「募金がほしいのは、こっちの方だい」なんて、言葉が出てきそうです。
    本当に有り難いことです。