タイ国の皆さん、本当に有難うございます!





  
 東日本大震災で被災した福島県で 医療支援活動を 終えて帰国した、タイ人医療チームのメンバーらを
バンコクの日本大使公邸に招いて、24日に感謝の集いを 開催したというニュースが話題となっていました。

今回は、第一陣として今月9日~19日の期間に、クイーンシリキット・チャイルドヘルス国立研究所の
ナリット医師とルンティワー看護師の二人の医療チームで、受け入れ先の福島県立医科大学の医師と
連携し 福島県内の各避難所を 巡回、児童ら76人を 診療したそうですヨ・・・ 有り難いことですよネ。

 
 
アジアでは こんな災害時には、感染症などが心配されるんですが 「深刻な病気もなく、また 苦難の中
助け合っている日本人の姿に感動した、安心した」 と、一行は語っていたそうです。 支援活動とはいえ
日本人の医師らと一緒に働いた経験を、今後タイで生かしていきたい、と 随分 学んだ事も多いようでした。

第二陣の医療チームが今月19日に福島県に入っており、来月3日まで活動を 行う予定ですが、現地を
訪れ 改めて今回の震災の深刻さを 実感することでしょう。 日本側からタイを 訪問中の菊田真紀子外務
大臣政務官は 「タイから日本への暖かい支援に対し、深く感謝している」 と 謝意を 述べていました。 

 

 そう云えば、タイ発電公団も東京電力へ ガスタービン発電設備を 貸与してくれ、8月には川崎発電所と
大井発電所に設置され、発電基二基 (一基 約12万キロワット)が それぞれ 稼動を 開始する予定とか…

また どこよりも早く、日本の観光が安全であることを 旅行業者自らが、タイ国内の人達にアピールする
狙いで 企画された訪日観光も、以前と変わらない日本人の生活ぶりとともに、同行したメディアを 通じて
タイ国内で広く報道されていました… 日本への観光客を 呼び戻そうという動き、タイは速かったですネ。

 

タイ旅行代理店連合の総勢158人は、今月11日~15日 「Japan …… Our Best Friend」 と銘打って
日本が安全であることを アピールする為、あえて 被災地から遠い関西や九州ではなく、東京周辺へ
乗り込んでくれました。 大震災後の海外からの訪日団としては最大規模だったそうですヨ。(嬉)

これだけの人数ですから、出発前は多少ナーバスになっていた参加者もいたようですが、東京の観光が
問題無いことを 観るうちに、全員が心から旅行を 楽しんでくれたと報告されていましたネ。 

訪日旅行を 販売する旅行業者 自らが安全・安心を 体験できたことは、大震災後の日本に対する
不安感が払拭されますもんネ。 こんな強い味方はありませんヨ・・・

 

東京都内を はじめ、富士山、東京ディズニーリゾートといった人気スポットを 次々と訪問し、観光業界の
幹部が何の不安もなく旅を 楽しむ様子は、震災前と変わらない日本人の生活ぶりと共に、タイ国内で広く
報道されたこと、風評が吹き飛ぶくらいのインパクトはあったでしょう、本当に有り難い活動でした。

 今回の東日本大震災では、タイ国政府とタイの人たちに お世話になりっぱなしです!!
 日本政府と日本人を 代表して御礼を 申し上げます…  な~んちゃってネ・・・   

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト





2 Responses so far.

  1. のり より:
    少しショツク
    今日、プロゴルフのダイアモンドカツプを見に行きました、石川組はギャラリーが多いので、
    額賀とアフィバーンラトを3ホール追いかけました、ギャラリー6人です・・アフィちゃんを
    応援しましたが、突然木陰で小便、その後タバコです、それを見てついて行くがのを止めました、ごめんなさい、マークセンがいいです!
  2. のり サンヘ より:
    nagaichi
    ホントですか? しょうがない奴ですね。
    今度 会ったら強く言っておきます。タイでは、マナーを誰も教えませんからねぇ~
    でも そんなこと言っていられません。マークセンにも言いつけます!
    ご忠告有難うございました。