今日からタイのお正月 ソンクラーンが ・・・





  
 今日からソンクラーン、1月の世界のお正月・中国の旧正月、そして タイのお正月と タイでは 三回目の
お正月が やってきました! ソンクラーンが タイの正月として、また イベントとしても タイ国 最大の
お祭り 「水かけ祭り」 が、全国で繰り広げられます。 観光客に とっては、楽しいひと時に なるかも …

スミタ・カルチャー・センターの住田千鶴子さんに よりますと、ソンクラーンの水かけ祭りの発祥の地は
中国南部の雲南省に あるタイ族の村だそうです。 そう云えば、タイ人は 千数百年前に 雲南省から南下
その間に 色々な民族と 交ざり合い、様々な文化を 吸収しながら タイ国が形成され、今に 至っていると …

 
    <こんな水かけ風景だったら 微笑ましいけど…>

このソンクラーン祭りでは、水の恵みに 感謝し、更なる豊かな水の恵みを 祈る儀式で、水を 掛け
合って お互いの幸せと 長寿を 祈り願う、と いう点では 今も昔も 変わりませんネ ・・・

本当の水かけ祭りの姿は、民族衣装に 身を 包み、小さな銀の器に 聖水を 入れ、上品に 水を 掛け合う
というのが 本来のやり方とか。 今では お寺に ゆくと、民族衣装は 別として この光景が見られますネ。

お正月に なると、お寺へお参りに 行き、寄付や功徳を 積み 僧に お供え物を 献上し、仏像を 清めたり
そして 水かけ祭りの前に 家族の年長者や 敬っている目上の人の手に 香りの付いた水を 少し掛けて

 
<まずは おじいちゃんから…>

尊敬の念 「お年寄りを 敬う」 という行為が 慣習となっています。 そんな慣習と文化から来ている
のでしょうネ。 「タイの敬老の日」 は、4月13日と 定められています ・・・

それが 今では、街中 ただ 「わぁ~ わぁ~ きゃぁ~ きゃぁ~」 水鉄砲やらバケツで 水を かけると
言うより 浴びせるだけ、しかも ミニトラックに 乗って … これでは お年寄りや外国人に 嫌われますねぇ~

 ここ数年 余りに 酷くなるものですから、こんな お達しが出てしまいました ・・・

 
    <こんな水タンクを 背負っての水鉄砲も あり?>

本当は、2003年から禁止されている高圧の水を 噴射できる水鉄砲の使用を 再度 製造や販売の中止を
関係者に 呼びかけています。 輸入・製造・販売は 法律で禁止されており、これらに 違反すれば、最高
5万バーツの罰金刑が 科されるんですヨ。 子供の目や耳を 負傷する恐れがあるから 危険なんです!

また アユタヤ県では、ソンクラン祭の期間中 (13日~15日) に、水を 荷台に 積んだトラックが市街地に
入るのを 禁止すると 発表していましたネ。 いや これは バンコク市内で、やってほしいぐらいです ・・・ 
 
 
 <このトラックに 水槽を 積んでの水かけ、堪りません!>

荷台に 乗った者たちが 水槽から人々に 水を 浴びせます、これが酷い、酷い。 アユタヤでは、荷台車の
ノロノロ運転の為に 交通渋滞が発生するからと いいますが、何より危険ですよネ。 これも 違反した場合
罰金は最高1,000バーツとのことです。 この制度、バンコク市内でも お願いしたいのは 私だけかな??

タイ国 最大のイベントですからネ。 まだ まだ ソンクラーンだからこそ の話が一杯です。

 長くなりますので、また 明日に 続きます ・・・ 

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト