今の時期のゴルフは 日タイとも 雷に注意を!





  
 今の時期 ゴルフを プレーする折、日タイとも 注意しなければならないのが雷ですよネ。

タイのゴルフ場は ゴルフ場自体、また タイ人ゴルファーも 雷の防御策について 無頓着ですから、
我々 ゴルファー自身が注意しなければなりません。 タイ・スタイルで 甘く見ては いけませんヨ!

タイでも 時折 思い出したように 落雷事故で人が亡くなっているんです。 昨年かな、東北コンケン県で
落雷により、タイ人女性三人が死亡するというニュースが … 三人は雷雨を 避ける為 木の下に

 

入りましたが、その木に雷が落ちたとか。 タイのゴルフ場では雷が鳴っても、キャディは キャー キャー
騒ぐだけ、ゴルフ場も どうのこうの 何もしません。 サイレン装置があっても鳴らすことは珍しいです。

雷に対して、余りにも無防備過ぎますネ。 日本のゴルフ場だったら、特に山間部のゴルフ場は、
避難用の山小屋も多めに設けられ、雷雲が来る30分くらい前には警報も鳴らしてくれます。 警報が
鳴ったら すぐゴルフの中断が義務づけられていますものネ。 これくらい徹底しています・・・

 

そう警戒していても いつでしたか、茨城県のゴルフ場で こんな事故が起きています。

その日は大気が不安定で、気象台から雷注意報が出されていましたが、そんな中で、ゴルファー4人と
キャディ一人でラウンド ・・・ 途中 急に雨足が強まり、その30分後には雷が鳴り出した為 5人は松林へ
避難しました。 その後も危険な状態が続く中、巡回していた係員が松の下で倒れている5人を 発見。 

5人は病院へ運ばれましたが、3人が死亡、残る2人も重傷、落雷での大事故でした。 新聞には、
こんな注意すべきことが書かれていました・・・ 意外にも 屋外で雷を 避ける時は、木に近づき過ぎると

 

大事故に繋がると言うのです。 なぜか? 木よりも人間の方が電気を 通し易いらしいのですネ。 よく 
雷が鳴ると木の下に駆け込みますが、これは危険なんですねぇ~ ・・・ ワタシ 勘違いしていました。

タイでは 雷が鳴った時の 避難用の小屋なんぞ ありません、つい キャディも気の下に隠れがちです。 
そう そう、タイのゴルフ場は 雷に対して、余りにも無防備過ぎますが、一度 こんな経験を しました。

雷の話し もう少しですが、長くなりますので、明日に続きます。 

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト