日タイのゴルフ場で、カート事故に ご注意を!





  
 知人が パインハースト ゴルフ CC で、カート事故を 起こした、なんて一報が入りました。

どうやら 慣れないキャディの運転で、ハンドルを 切り損ねたようです。 幸い 大きなケガにはならず
良かったのですが、キャディに運転を 任す折は 運転に慣れているか、よく 見極めてからにして!!

勿論 キャディさん達で、車の運転免許なんかを 持っている人は、ほとんど 居ないですからネ ・・・

 

 そう云えば 5月でしたか、氷川ひろしらを 世に送り出した芸能界の大御所、長良じゅん氏がハワイの
コースでカート事故により、命を 落としたのは、記憶に新しいですよネ。 時折 海外でも起きますねぇ~

国内でも、昨年は兵庫県や大分県で事故による死者が出ており、国内外を 問わず注意しなければ …

日本のゴルフ場に自走式乗用カートが導入された頃、カートの運転に不慣れなゴルファーによる事故が
頻発したようです。 そのためゴルフ場は、カートの運転を 車運転免許保持者に限定するなど、注意を

 

喚起してきました。 が、その後 ゴルファーがカートの運転に慣れてきたこともあり、ゴルフ場側も
以前ほど 神経質では無くなってきているのが現状です。 でも 思い出したように 事故は起きています。

一つのゴルフ場でのカート事故は、大小含めて年間100件前後あるそうで、その内人が負傷するような
大事故は1件・2件、木などへの接触やパンクが 殆んどだ と聞きます。 まぁ~ 死亡者が出るような

 

大きな事故は 滅多にないらしいですが、原因は9割がスピードの出し過ぎだと 脇見運転だそうですヨ。 
ツアー・トーナメントで 遼クンを 追っかけて、TBSの撮影隊が ギャラリーに突っ込んだ事故も 記憶に
新しいですが、これもスピードの出し過ぎでしたよネ。 

 タイや日本でも、自身が運転するならゴルファーが危険性を 認識して慎重に運転すればいいんですが
問題はタイのゴルフ場、見よう見まね で覚えたキャディの運転ですネ。 日本の読者の皆さん、付いた
キャディの運転技術が未熟なら、決して 運転を させてはいけませんヨ! 慣れていないと ・・・

 

急な下り坂でスピードを 出し過ぎて樹木に衝突したり、ボールの所在を 確認することに夢中になって
前方確認を 怠ったりした為に、小さな事故が 結構 発生しているんですヨ。 キャディの責任で事故に
遭っても キャディは 勿論、ゴルフ場でさえ 何もしてくれませんからネ ・・・

また 慣れたゴルフ場で 自身の運転でも、交通事故の6割が自宅周辺で起きると言われるように、
油断は禁物です。 自動車を 運転する時と同様に、注意深くカートを 運転して下さい。 
 ゴルファーは 今一度 スピードの出し過ぎに注意しましょう!  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです   


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト




2 Responses so far.

  1. タカ より:
    ルールは?
    タイでカートを使う時は自分で運転しますが、
    キャディさんからはその際に自分が運転すると言われます。

    タイのルールでは運転は誰がすることになっているんでしょうね?
    個人的には他人任せは気楽ですが少し怖い気もします。

    初めてタイでゴルフしたときに
    フェアウェーをカートが走る姿に
    目が丸くなったの覚えてます。
    見たことない光景でしたから(笑)

  2. nagaichi より:
    タカ さんへ
    タイのゴルフ場では、普通 キャディさんが運転するのが流れでしょうね。
    キャディさんが慣れていない運転でも しようとするのは、運転もキャディの仕事と捉えているのでしょう。
    或いは、ゴルフ場によっては そう指導しているのかも知れません。
    運転免許を持っていないキャディさん達、運転するのが面白いし、やりたがりますね。
    上手ならいいんですが・・・