プーケットの津波から8年、そして今のバンコクは?





  
 去る26日の午前に タイ南部沿岸の各地で、8年前のインド洋大津波の犠牲者を 追悼する式典が、
行なわれていました。 ですが、プーケットから遠く 離れていると、忘れられてしまいそうです。

ましてや 日本にいると、昨年の東日本大震災がありましたから 尚のこと そうなりがちです。

インド洋大津波による死者・行方不明者は、東日本大震災以上の大変な数でした。 インドネシア、
スリランカなどを 中心に22万人以上でしたからねぇ~ タイではピーピー島、プーケット島の一部、

 

カオラックといったマレー半島西岸のビーチリゾートが大きな被害を 受け、外国人旅行者
約3,000人を 含む、約8,400人が死亡・行方不明となりましたもの。 もう8年が過ぎました …

 忘れもしません。 2004年12月26日の夜のことでした。 ちょうど その頃、タイにいる親しい
先輩とあるビジネスを 行なうべく、プーケットには よく行き来していたんです。 プーケットに
津波が押し寄せた時は、ちょうど 日本へ一時帰国していた時の出来事でした。

 

東京のレストランで食事をしていた時に、バンコクから一本の電話が入り 「今 プーケットが大変な
ことになっているぞ」 との知らせ! 驚きましたねぇ~ 思い起こすと、一つ間違えば ワタシ自身も
犠牲者になっていたかも … 実は 被害に遭ったプーケットの場所から帰って来たばかりでした。

幸い 私たちのパートナーのファミリーには犠牲者が出ませんでしたが、家や経営にタッチしている
レストランや持っている船などは全滅でした。 決して 他人事とは思えませんでしたねぇ~ ・・・

 そう言えば、ここ11月からミャンマー南部で 頻繁に地震が発生していますよねぇ~  特に11日は
マグニチュード (M) 6.8 の地震が起き、16人が死亡 800人が被災しています。 その後も周辺では
M3、4クラスの地震が相次いでいました。 M 6.8 の地震時は、バンコクでも揺れを 感じたようです。

 

  
タイに地震がない と言いましても、ミャンマー国境近くで 地震の影響を 受ける要素がある北部
チェンマイ、中部カンチャナブリ県、バンコク西部の住民は 気を つけなければなりませんからネ。

バンコクから100キロ離れたカンチャナブリ県には活断層があり、過去100年の間に最大でM8の
地震が記録されているといいますから。 バンコクは、軟質地盤なため、地震の衝撃波は14倍にも

 

およぶとか。 政府も 発生すれば、都内のインフラに大打撃を 与えると警鐘を 鳴らすと同時に、
高層ビル・コンドミニアムの開発業者やオーナーに、耐震設計を 施すよう呼び掛けもしていました。

チェンマイの近くにも活断層が走っており、バンコクなど遠方でも地震の影響を 受ける恐れがあり、
政府防災局も、地震発生時の避難・防災マニュアルを 配布することを 明らかにしています。
 いつも言いますが、いつかバンコクも大きな被害が来るのではと 心配しています。  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト




2 Responses so far.

  1. タカ より:
    地震は怖い
    バンコクから100キロの場所でM8が?
    100年間だと詳しい記録はないのでしょうか?
    詳しく知りたいですね。
  2. nagaichi より:
    タカさんへ
    確かに バンコク ポストの英字新聞に、この情報が載っているのですが、私も詳細をチェックしているところです。
    入手次第、ブログにしますね。