バンコク・チームの一人、谷原秀人プロが10勝目!





  
 久しぶりに石川 / 松山プロのスターが揃っての 「三井住友VISA太平洋マスターズ」 の勝利は
谷原秀人プロでした。 彼も 「バンコク・チーム」 の一人ですから、我々も嬉しいですねぇ~ 

1バーディ・2ボギーの73と、スコアを 1つ落としましたが、後続の他の選手も伸ばすことができず、
トータル13アンダーで逃げ切り、ツアー通算10勝目。 3年間も勝っていなかったとは意外でした。

 
 <谷原秀人プロの優勝も嬉しいな! GDOから>

1973年のツアー施行後、10勝以上を 挙げた選手は、谷原秀人プロで31人目とか。 1桁の勝利は
結構 いても、2桁の勝利数は、極端に少なくなりますから、嬉しいでしょうねぇ~ 大きな節目です。

 9勝目は、確か 2010年8月の 「VanaH杯KBCオーガスタ」 でしたネ。 このオフも平塚哲二 / 久保谷
健一プロらとタイ・合宿に来ていました。 この時に あるコンペで同席したことがありましたが、彼も
ナイスガイでしたネ。 我々のくだらい質問にも、快く答えていました、っけ ・・・

 
           <コンペでの写真撮影でしたが、よく撮れていませんねぇ~>

それ以来、3年前に発症した肩痛に悩まされ、一時は特別保障制度 (公傷制度) を 利用しての長期
離脱も考えていたとは、ちっとも知りませんでした。 じっくりと回復と復調の時を 待った優勝だそうです。

 また 2011年に、お子さんが生まれてから初めての優勝で、これも嬉しいでしょう。 
GDOに、内助の功として谷原プロを 支えた絢香夫人のたくましい話が紹介されていました。

絢香さんは、出産前にアスリート・フードマイスターの資格を 取得し、遠征続きの夫を 家庭での
食卓には 栄養管理されたメニューを いつも並べているとか。 良い食べ物は、体への投資として
大切にし、テーマはバランスに優れた 「まごわやさしい(孫は易しい)」 というメニューだそうです。 

 
   <谷原ファミリー…>

ま → 豆類、ご → ごま (種実類)、わ → わかめ (海藻類)、や → 野菜、さ → 魚 (タンパク質)、
し → しいたけ (きのこ類)、い → イモ類 と、一食の中に、以上の食材を すべて組み込むんだそうです。

戦う夫を 支えるには、材料費は かさむそうですが 「アスリートは良い服を 着るよりも、食事の方が
大事」 と 食費は削らないように話し合い、力強い体を 作っているようです。 ご尤もな話ですよネ。 

 
<二人とも調子が良さそうで、期待できますね…>

 来週は いよいよ 石川遼プロと共に、オーストラリアで開催される 「ISPSハンダワールドカップ」 に
出場です。 遼君も今大会では 2位タイに入り、調子が良さそうですから期待できますねぇ~ 

 日本チームは、2002年 伊沢利光と丸山茂樹が優勝して以来の優勝カップを
持って帰れるかも知れません。 引き続き、来週も応援しましょう ・・・  

「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト