欧米とタイのチップの違いを 理解ください ・・・





  
 チップという習慣がない我々日本人にとっては、タイで生活するうえで、
或いは 観光するうえで、結構 戸惑う人も多いと思います。

キャディさん、マッサージのお姉さん、夜のお散歩時の話し相手、レストランやホテル、
どこへいってもチップとの付き合いが必要不可欠ですよネ。 特に女性が関わる最初の三つの
職業は、チップの収入源も給料の大きな部分を占めるから、彼女たちにとっても死活問題!

 

日本の旅行者も「こんな時いくら上げたらいいのか」と悩んだことはあるでしょう。ただ
我々は 欧米とタイでは チップに対する概念が、基本的に違うことを知っておくべきでしょうネ。

 欧米におけるチップは “サービスへの対価” ですが、タイは ”施し” がベースになっています。

施しは、恵み与えること。また、お布施という意味になりますよネ。タイでは弱者を労わったり、
持っている者が持っていない者に分け与える、などの慣習が昔から根強くあります。さらに

 

タンブン(徳を積む)という文化があり、お寺や僧侶に対してだけではなく貧しい人にお金を
あげることもタンブンと捉えています。この意識とチップがタイ自身も一緒になっていますが …

そこへ、そもそもチップの概念がない我々日本人は、欧米とタイのチップがごっちゃになって、
よりタイのチップの習慣を理解しにくくしています。タイも欧米と同じと 考えがちです。

タイは貴族や平民という明確な階層があるわけではありませんが、富裕層と中間層、そうでない
人達などの間で 意外と階級社会的な所があるのも事実です。 それがチップにも表れますよネ。

 

タイ人を見ていると、自分がいる層によってチップの払い方が明らかに違います。
特にキャディへのチップは、プレーするゴルフ場のキャディフィと同じチップを
払う人もいれば、500バーツを渡す人、1,000バーツ上げる人もいます ・・・

受け取る方も、それを十分に理解しているはずなんですが、日本人はお金持ちという概念を
持っていますから、200バーツくらいのチップだと不満顔になるキャディもいるんでしょうネ。

  

 「それじゃぁ~ 日本人はいくら上げればいいんだ!」となるでしょうが、プレーするゴルフ場の
キャディフィを基本として、その額を渡せばいいでしょうネ。これにプラスするかはキャディの
仕事ぶりとあなたのお財布の中身次第でしょうか ・・・

運悪く 余り良くないキャディに遭っても、ここは懐を大きくしてキャディフィと同じチップを
渡して上げて下さいな。 タイのチップは欧米式のサービスの対価とは違いうことを知ってあげて。

 

彼女たちはキャディの仕事をしたことは、チップを貰う権利があると思っているんでしょう。
ですからチップと言う呼び方がおかしいんで、「手当て」とでも呼んだら良いんでしょうねぇ~

 手当てのこと、タイのキャディさんたちに代わって、ワタシからも どうぞ 宜しくお願いします(笑)。
マッサージと夜のお散歩でのチップの話は、また 次の機会に ・・・  

3 Responses so far.

  1. 暁の寺 より:
    タンブンを受けるのは?
    >日本人はお金持ちという概念を 持っていますから・・・・・
    >タイは ”施し” がベースになっています。タンブン(徳を積む)という文化があり・・・・貧しい人にお金をあげることもタンブンと捉えています。

    先週、国連から興味深いランキングが発表されています。
    「世界の幸福度ランキング 2015」です。
    それによれば、タイが34位、日本は46位です。
    http://www.newsclip.be/article/2015/04/29/25516.html

    日本人は昔は豊かでしたが、今では円安もあり、世界の中ではかなり落魄れてしまいました。
    このランキングを見せて、日本人はもうお金持ちではないんだよ、と教えないといけませんね。
    タイの方がランキングが上位なんだから、日本人がタイ人から施し=タンブンを受ける時代が来たのかも?

  2. タカ より:
    納得です
    タイのチップは施し(タンブン)

    これは目から鱗ですね~。
    そう考えればすべてが納得できますね。
    前回のゴルフでも300B 渡したら、

    ( あと100B頂戴 )

    って言われて渡しました(笑)
    タンブンですね~。チップじゃありませんね~(笑)

  3. nagaichi より:
    タカサンヘ
    そうですよね。
    タンブンと思えば、少々のことがあっても腹も立ちません(笑)。
    何かと話題が多いタイのキャディさん達です。